■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「おとなしく静かに辛抱している人には耳も目も向けてくれない」 B型肝炎訴訟
BB型肝炎訴訟(札幌地裁)第1回期日報告集会(札幌弁護士会館)BB 18日10時から札幌地方裁判所でB型肝炎訴訟第1回期日がありました。
 傍聴席は、原告の家族や支援者で満席になり、訴訟への関心の高さが伺えます。薬害肝炎訴訟では、学生など若い方の支援が目立っていましたが、B型肝炎訴訟は、ご家族や患者さんなど中高年の傍聴者でした。そのようななかで労組から支援に駆けつけたという若い方が引き立っていました。


 裁判では、実名原告2名、弁護士3名が意見陳述を行いました。
 清本太一さん(31歳)は、「がん保険にも入れず、ローンも組みづらい。いつ癌になるのか不安になる。自分は国から道徳の時間に相手の気持ちになって考えることを教わった。(国は)相手の気持ちになって考えてほしい」
 大竹繁紀さん(64歳)は「憲法は国民の生きる権利を保障している。弱い者が泣き寝入りをすることがないよう、訴訟に加わった。一日も早い解決を望む」と裁判官と被告国に現在の心情を訴えました。
 国は、「家族内感染」「ジェノタイプA(大人になってからの感染での慢性化率が高い)」など、前裁判の高裁判決後の「新しい知見」だとして、集団予防接種以外の感染ルートの可能性を文書で主張し、争うとしています。

 17日の前夜集会の様子が読売新聞で報じられています。
  「B型肝炎北海道訴訟、川田さんが講演で激励

 傍聴は、前B型肝炎訴訟の地裁から最高裁まで可能なときには行ってきました。傍聴者が増えたこと前夜集会も当事者以外に120人の参加者があり、支援の和が輪が確実に広がってきています。

 新たな訴訟は、札幌地裁のほかに静岡、広島、鳥取、福岡の各地裁で、40人が集団訴訟を起こしています。
 7月中には、上記裁判所以外に東京や大阪でも訴訟が起こされる予定です。また、新潟でも今秋に訴訟を起こす準備が進められています。

 今度の裁判で、ずさんな予防接種業績の責任を再度明白にさせ、原告だけではなく被害者全員の救済につながるような訴訟の取り組みにしていかなければと、決意を新たにしました。

 毎日新聞「B型肝炎訴訟:国、請求棄却求める 患者「早期救済を」--札幌地裁初弁論」(08/07/18)




 
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎訴訟 | 23:17:52 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。