■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
声を上げる肝炎患者たち
コガネムシが花粉まみれに 28日、午前中は中学校区のボランティア活動、みんなで子育てを考える会の広報紙を担当していただくことになったTさんと中学校区の3学校への挨拶回り(取材調整など)。
 橋下行財政改革の下で、私たちが行っている活動(教育に関する地域支援)への助成金もばっさり削られてしまいました。一方では、国の事業として「学校教育地域支援本部事業」が、文科省から示され、年度途中から始まります。
 そんなこんなで、Tさんと3つの学校の教頭先生らと、9月に発行する地域広報紙(6500部発行)の下打ち合わせや、11月の「ふれ愛祭り」の打合せを行いました。Tさんは、夏休みをとって地域活動に参加していただきました。

 さて、本題です。
 国のB・C型肝炎対策、医療費助成事業は始まりましたが不十分です。薬害肝炎被害者救済法による給付金も被害をきちんと証明できなければ、裁判所による認定は受けられず、給付金も支給されません。

 各地で肝炎患者たちが、薬害肝炎被害者救済法成立以後だけでも「会」をつくって、声を上げ始めた会が各地に結成され始めています。


 福岡県 久留米市 「薬害肝炎連携強化を・・・患者ら「久留米肝友会」設立」(読売新聞)
      北九州 
 鹿児島県
 福井県 福井市、他に2支部
 新潟県 (県庁の記事から

 その会員数は10人から700人くらいまで、急速に拡大してきています。
 それぞれの会が既存の患者会等と連携し、国に抜本的な肝炎対策を求めていくべきでしょう。

 薬害肝炎訴訟原告・弁護団は、8月1日に舛添大臣と協議を行います。そのゆくへに注目しています。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

患者会 | 23:34:42 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008-08-01 金 11:28:11 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。