■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ソラフェニブ 肝がんに有効
 腎臓癌の治療に最近日本で認められた「ソラフェニブ」(商品名:ネクサバール)が米国や中国で、肝がんの治療に認められたとバイエル薬品のプレスリリースで紹介されています。

・ネクサバール: 肝細胞癌での全生存期間を有意に改善した臨床試験結果を米医学雑誌「New England Journal of Medicine」が掲載 - 世界初の肝細胞癌を適用として承認された全身療法

 記事は、「切除不可能な肝細胞癌患者さんを対象とした第Ⅲ相臨床試験において・・・・全生存期間中央値 (MST)が44%延長したことを表しています。
 「ネクサバールは、2007年10月に欧州医薬品審査庁(EMEA)から、同年11月に米国食品医薬品庁(FDA)から、肝細胞癌を適用として承認されました。
 「ネクサバール投与群の全生存期間中央値 (MST)は、プラセボ投与群で7.9ヶ月であったのに対して、10.7ヶ月でした(HR=0.69、 p=0.0006)。」

 また、ソラフェニブ(ネクサバール)の特徴的な作用機序として、「腫瘍細胞増殖と腫瘍血管新生の両者を抑制します。」と紹介しています。


・「ネクサバール: 肝細胞癌を適応症として中国で承認 - 肝細胞癌を適用として承認された初の全身療法剤 」(08/07/31)

 バイエル薬品のプレスリリースでは、「中国国家食品薬品監督管理局(SFDA)より、根治切除不能又は転移性の肝細胞癌を適応症として、製造販売承認を取得したと発表しました。」と報じています。

 また、肝細胞癌について同プレスリリースは次のように紹介しています。
 「肝癌は、世界で6番目に罹患率の高いがんで、がん死の原因の第3位です。世界で毎年、60万人以上の患者さんが肝癌と診断され(中国・韓国・日本で約400,000人以上、ヨーロッパで約54,000人、米国で約15,000人)、罹患率は上昇しています。2002年の統計では、約60万人が肝癌で亡くなっています。(中国・韓国・日本で約 370,000人、ヨーロッパで57,000人、米国で約13,000人)。

 日本では、今年1月11日付で、肝細胞癌を適用とした国内製造販売承認申請が優先審査対象として指定される通知が厚労省からバイエル薬品にだされました。

 ・バイエル薬品(株)のプレスリリース


 分子標的治療薬です。肺がんに対する分子標的治療薬「イレッサ」は、治療に使用した患者の死者が増えたことで問題になっています。
 ネクサバールの日本での認可は急いでほしいのですが、イレッサの二の舞だけは防ぎたいものです。研究は急がなければなりませんが、安全対策の配慮も十分に必要で、メーカーと国による治療担当医への啓発活動や研修が欠かせません。




スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

治療・治療薬 | 12:34:38 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad