■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
厚労省の通達行政 徹底の点検を怠る
 血糖測定用の微量採血器具の使い回しが全国的にも行われていたことが厚労省の調査ではっきりしました。
 針の使い回しも4か所の施設であったことが報告されています。

 集団予防接種の針や筒の使い回しがだめなことが昭和26年に厚労省が告知しているにもかかわらず、その後もずさんな予防接種行政が放置されていたことが、B型肝炎訴訟で明らかにされました。
 2006年最高裁判決後、厚労省はB型肝炎訴訟原告弁護団にたいして、原告5人の問題で、厚労省の予防接種行政に問題はなかったと強弁していました。
 反省のない厚労省の仕事ぶりが、微量採血器具の使い回しなども放置されてきた原因になっているのでしょう。

採血器具使い回し、半数の1万1700施設…厚労省調査 (キャリアブレイン - 08月06日 )


■大阪府の調査結果
 「微量採血のための穿刺器具(針の周辺部分がディスポーザブルタイプでないもの)の取扱いに係る調査結果について」(pdf)

■大阪府のがん医療に関して、大阪府からの連絡

 大阪がん医療の向上をめざす会から推薦され、「大阪府がん診療拠点病院選定委員」に就任することになりました。
 第1回目の会議が、8月12日の午後3時から府庁本館の第6共用会議室で開催されることになったと連絡が入りました。
 6日18時から天王寺でがん対策推進協議会の患者委員が集まり、今後の活動について協議しました。

  

スポンサーサイト
患者会 | 23:19:07 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad