■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
350万肝炎患者の「代表選手」 薬害肝炎訴訟原告1060人に 
MERSシンポ2008_1MERSシンポ2008_2
NPO法人 ネットワーク医療と人権<MERS>から、シンポジウム「薬害肝炎訴訟の意味するもの」の案内が届きました。(写真)

 ○と き  2008年9月21日(日) 14-16時
 ○ところ  リバティーホール(大阪人権博物館内)
         大阪市浪速区浪速西3-6-36
 ○パネルディスカッション 「薬害裁判 何が人を突き動かすのか」
        パネリスト 薬害肝炎原告 福田衣里子さん
                 同  弁護団 西念京祐さん
 ○参加申し込み・お問い合せ
       大阪人権博物館(リバティおおさか)
         Tel. 06-6561-7173 Fax.06-6561-3572
      (FAXの場合、催し名・参加者のお名前、参加者の人数を明記すること)
 ○主 催  NPO法人ネットワーク医療と人権 MERS
        大阪人権博物館 



 薬害肝炎弁護団の古賀弁護士のブログに、8月7日に全国一斉追加提訴が行われることが紹介されています。
 全国5地裁で提訴され、原告数は合計1060人になります。
 また、すでに国と和解した原告数は357人になりました。
 詳細は、古賀弁護士さんのブログをご覧ください。

 原告団は、350万人肝炎患者の療養支援策(恒久対策)を国に求めて活動しています。
 大臣協議が8月1日に行われ、インターフェロン治療費助成制度の期間の延長、重度肝硬変患者への障害者認定(身体障害者手帳の交付)などについて、前向きに検討すると舛添厚労大臣は述べました。(大臣協議の詳細報告は、古賀弁護士さんのブログ「薬害C型肝炎第2回定期協議~インターフェロン助成等」)

 薬害肝炎東京訴訟の支える会のニュースNo.31が発行されました。
 最近の訴訟活動や支援活動について報告されています。ニュースはここでみることができます。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎訴訟 | 23:54:52 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。