■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
被爆書の相談活動と
大先輩の暑中見舞いから(難波での署名活動:親の世代からこの世代へ、平和を守る) 8月6日に広島に、9日に長崎に原子爆弾が落とされて、63年たった壮絶な被害が今も続いています。ニュース番組で被爆者団体(被害者の患者団体)の役員さんが相談活動を行っている様子を放送していました。被爆者自身が高齢化し、相談を担当される役員さんも70歳代後半でした。体が動く限り相談活動は続けたいとその女性はおっしゃっておられました。
 日本被爆者団体協議会、各都道府県に地方組織がありますが、被爆者の高齢化でその組織の維持が困難になってきています。
 被爆者の原爆症認定訴訟を早期終結させ、被爆者全体の支援に国が動くべきです。


 8日は友の会の事務所当番
 肝がんの患者さんのご家族の方からの電話相談などが4件。
 4月と6月に行われた日本肝臓学会肝癌撲滅市民公開講座で友の会のリーフをご覧になった方が、病院の診察後に事務所に来られて相談が1件。
 どの相談も深刻なものでした。

 がんの方は、治療法の選択と医療機関探し。
 来訪者は、50歳代後半の女性。C型肝炎と診断されて10年。主治医からはインターフェロン治療などは提示されず、血液検査だけを受けていたそうです。市民公開講座ではじめて講演を聴き、ビックリして専門医のいる医療機関で診察を受け、限りなく肝硬変に近づいているとインターフェロン治療を強力に進められたそうです。
 今後の病気のことと、インターフェロン治療(副作用)に対する不安から、同病者と交流をしたいと希望を述べておられました。
 電話相談の男性と来訪していただいた女性が入会を希望されました。

 原水協の相談担当者のことを思い浮かべ、肝臓病患者会の「同病者による相談」もその体制を強化することを考えねばなりません。

 
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

患者会 | 23:12:40 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。