■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
保健所で PBC講演会
 22日午後、大阪府豊中保健所で、広域講演会「特定疾患・PBC」が行われ、大阪肝臓友の会に、患者会の紹介部分のお話をするように依頼がありました。

 本論、PBC(原発性胆汁性肝硬変)については、関西医科大学 准教授の廣原淳子先生(付属枚方病院)がなされました。
 保健所の講堂で行われたのですが、会場はほぼいっぱいで、盛夏のなかで行われた講演会ですが、どれほどこのような講演会を期待されていたのかがわかります。

 今回の事業は、池田保健所、豊中保健所、吹田保健所、茨木保健所、高槻保健所共催で行われました。それぞれの保健所に登録されている患者さんには、個別に案内されたようです。


 原発性胆汁性肝硬変、自己免疫性疾患で、自らの細胆管(肝臓内の胆管)を攻撃し、炎症を起こし、胆管を破壊してしまう。その結果として肝臓に胆汁がうったいし、肝障害を起こす病気です。

 【参考】 難病情報センター 原発性胆汁性肝硬変

 先生のお話では、症候性肝硬変患者は、大阪で登録されている患者が1000人。全国で14000人。
 無症候性の患者は、全国に約5万人です。これからすると大阪には無症候性の患者さんが約5000人おられるようです、

 3月の大阪難病連で行ったPBC講演会で、神戸朝日病院の井本勉先生の講演では、無症候性の間に早期に発見し、早期に治療を行えば、長期にわたって病気の進行を抑えることができると強調されていました。
 3月の講演会の講演録は、9月に発行する会報「友の会だより」に掲載する予定で準備しています。
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

肝炎対策(行政) | 23:22:25 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad