■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
肝炎対策 患者支援に踏み込まず
 29日午前、東京で薬害肝炎訴訟原告団(恒久対策班)と日肝協の意見交換会が行われました。
 ここでは、9月に開会される臨時国会に「肝炎対策基本法の成立を求める請願」を日肝協が取り組みますが、請願書の内容について意見交換、請願行動(10月下旬)も含め、原告団が署名運動にも取り組んでいただけるように要請しました。

 午後からは、霞ヶ関ビルで、厚労省の「第1回全国肝炎総合対策推進懇談会」が開催されました。
 冒頭、舛添大臣が挨拶し、30分間ほど委員から要望を発言し、大臣からコメントがありました。
 大臣の挨拶の中で、目を引いたことは、肝炎研究予算が概算要求の段階で10億円増額されていることです。
 ・日肝協から 西村委員 (肝炎対策について、主に患者支援)(発言原稿、pdf
 ・大阪大学附属病院長 林委員 (研究費の増額)
 ・日本医師会 飯沼委員 (肝炎ウイルスの無料検査、地域格差の是正を)
 ・広島大学 田中委員(研究班の疫学調査について)

 その後、座長、座長代理を選出し、議事に進みました。
     (1)懇談会の趣旨及び今後の進め方について
     (2)座長及び座長代理の選任について
     (3)肝炎対策の現状について
     (4)意見交換


 無事発言は終わりましたが、大臣のコメントは、今までに報道された域を出ませんでした。 肝硬変。肝がん患者の支援については、コメントがありませんでした。
 障害者手帳については、他の疾病との平等性もあり、専門家に検討していただくことになっているとのことです。

 この懇談会の設置趣旨は、「肝炎総合対策」の検討ですが、この日の会議では、事務局(厚労省肝炎対策室)や座長から具体的な内容は提示されませんでした。

 厚労省の肝炎対策の現状の説明があり、来年度予算概算要求案の概要がペーパーで示されました。その内容について説明を求めましたところ、
 ・肝炎ウイルス検査の診療報酬が大幅に減額され、検査委託費が減額された
 ・同検査の政府管掌保険で行われるものが、保険業務が民間に委託されるために、厚労省肝炎対策費の予算で支出する必要がなくなった。(約2億円)
 ・上記以外で研究費以外は、昨年と同程度の予算を確保したい。
としています。

 ・大臣には、後期高齢者医療制度の発足により、年齢によって利用できる医療施設や、検査・治療が制限されることのないように要望しました。
 大臣からは、「この制度の誤解によるもので、そのようなことは絶対にない」と、明言されていました。このことについても患者会の方できちんと検証しなければならないと思います。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 23:17:04 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。