■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
原告さん、カルテをさがす患者さんとともに
 9日夜、薬害肝炎訴訟原告団の世話人(原告番号11番)さんと、友の会の会員さんで、薬害肝炎訴訟の原告になることをめざしてがんばっておられるHさん(カルテのない患者さんたちの会の準備世話人)と3人で、大阪民医連の勉強会でお話してきました。
 大阪民医連に加盟している病院・診療所・薬局などの看護師・薬剤師・ケースワーカー(医療相談員)さんたち20人ぐらいが集まっておられました。
 原告さんは、訴訟後の肝炎患者全体に対する恒久対策の実現をめざしていること。
 カルテのない患者Hさんは、薬害肝炎訴訟に参加できないでいる患者に対する「証拠・証人探しへの)支援
 私は、患者会へのご支援、相談支援、後発品の安全性のチェックシステム、肝炎訴訟と恒久対策への支援のための世論を盛り上げる活動、肝炎対策基本法成立のための署名運動等々へのご協力
などを訴え、その後、参加された方々との意見交換を行いました。

 なんとか、大阪民医連の方々にも、肝炎問題の支援組織にご参加いただける端緒ができたのではと思っています。
 


 夜の8時半には、大阪民医連の学習会は終わっりました。
 その後、講師になった私たちは、近くのお店で夕食を食べながら、薬害肝炎訴訟の支援、カルテのない患者会のこと、肝臓友の会の運営のお手伝いのあり方などについて、話し合いました。気がつくと11時前。

■9日は、薬害肝炎訴訟原告弁護団と舛添大臣の定期協議が昼間に行われました。

■帰宅すると事務局を担当するSさんから、退院したことと2週間近くの加療でも、体の異変が元に戻らないことなど、体調を伝えるFaxが入っていました。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

患者会 | 23:26:21 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad