■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
放射線治療で救われた
ポコの庭から 私が所属する大阪肝臓友の会では、年間5回程度の交流会を開催しています。
 25日も午後から港区民センターで開催しました。
 9ほどの方が参加し、自己紹介の後に、現在の病状や療養について情報交換やら質問のしあいを行いました。
 肝がん患者さんが2人。C型肝炎の方が5人、B型肝炎2人。

 常連さんもおられます。昨年の春に入会されたHさんは、その春の交流会から参加されています。
 大きな肝がんが2つ見つかり、いちばん大きい方は塞栓療法も効果がなく、途方に暮れておられました。その後、交流会での情報なども参考にされ、放射線治療(13回照射)を受けられて、効果が出て、その後塞栓療法などを受けて、この会に参加されています。
 大きな肝がんが2つあり余命1年と考えておられた昨年に比べると大変明るくなられたと他の参加者も、感想を述べておられました。
 交流会ががん患者jさんを励まし、治療に挑戦する機会を与えた例だと思います。


 他にも、ヘモクロマトーシスとC型肝炎を合併した女性、インターフェロンや強ミノでもALT値が思うように下がらない女性からも瀉血などの経験や質問が出されました。

 B型肝炎の女性からは、ペグインターフェロンによる治験の体験が紹介され、治験終了後の対応(抗ウイルス剤を服用するのかどうか)など、質問が出されました。

 小人数ですが、様々な体験が紹介され、患者会のお世話係をしているものにとって、たいへん勉強になった交流会でした。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

講演会・セミナー・交流会 | 23:26:41 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad