■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
B型肝炎訴訟 原告は154人に
 7日午後、大阪地裁にB型肝炎訴訟の追加提訴が行われました。大阪と兵庫に住む男女それぞれ4人(40~60歳代)、慢性肝炎1人(40歳代男性)、無症候性キャリア3人です。
 13:30から地裁記者クラブで記者会見が行われ私も同席しました。

 友の会の会員も提訴の準備をしていますが、母親の検査結果(詳細なウイルスマーカ)が間に合わず、今回の提訴は見送られました。この方は実名で提訴すると決意されていますが、提訴に至る壁はいろいろあるようです。

 今回の提訴で、8地裁154人の原告になりました。
 このB型肝炎訴訟は、国のずさんな予防接種行政によって、多くの人をB型肝炎ウイルスに感染させられたことに対する国の責任を問い、国の責任によるB・C型肝炎患者・キャリアへのきちんとした「支援策」をつくらせることです。(要望書

 肝炎対策は、「肝炎対策基本法」を成立させていただき、医療費助成、ウイルス検査の無料化、肝炎患者の内部障害者認定などの施策がきちんと法律によって担保させることが重要だと考えています。

 現在、患者会や薬害肝炎訴訟原告弁護団は、「肝炎対策基本法の成立に関する請願」署名運動を取り組んでいます。たくさんの署名を集めて、国会に提出するために活動を始めました。
 B型肝炎訴訟、原告弁護団、支援者もいっしょに取り組んでいただけるように、働きかけもしていきたいと考えています。
 国会請願署名用紙は、こちらからダウンロードできます。

 弁護団では、電話相談を始めます
  10月8日(水)及び9日(木)
    午前10時から午後5時30分
  10月11日(土) 10-17時 06-6647-0300
  相談電話は、です。




 大阪での提訴は、これで原告が9人になりました。今年7月にB型肝炎訴訟大阪弁護団が発足しました。全国の動きからすれば、大変遅れた弁護団の結成ですが、3か月あまりでここまで進められたことは、大きいと思います。

■米国のドクターに
 第70回日本血液学会総会に出席するために来日されている米国のドクターから、日本の患者会の様子を聞かせてほしいと、友の会の会員さんを通じて依頼があり、市内のホテルで1時間ほど通訳を通じてお話ししました。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎訴訟 | 23:01:37 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad