■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
病院の地域連携室
 ポコの散歩道 20日、友の会の事務所当番。いつもは金曜日ですが、今度の金曜は「大阪府がん診療拠点病院選定委員会」が開催されるために、副会長のSさんと当番を替わってもらいました。

 ぽつぽつと電話相談があります。また、これまでの相談を受けた方から、アドバイスをした結果報告も受けます。

 インターフェロン治療を希望される76歳の女性。近所の病院の主治医は、血圧が高いから治療は難しいとおっしゃっておられるようです。セカンドオピニオンを求めておられましたので、大阪市内の専門医療機関の消化器担当部長さんをお教えしました。

 肝発がんで市内のがん診療連携拠点病院で治療を済まされた60歳代の男性も、濾過装置によるウイルス除去療法とインターフェロンの併用治療を希望されていましたが、血小板が少なくインターフェロン治療は無理だろうとがん治療を担当された内科医のお考えです。この方もセカンドオピニオンを求めておいででした。市内の国立病院の消化器内科をお教えしました。


 どちらの相談者にも、それそれの医療機関の「地域連携室」に相談し、診療情報提供書を作ってもらい、相手方の医療機関の「地域連携室」に連絡を取ってもらうようにとアドバイスしました。
 翌週には、目的のドクターの受診がかなったことや、専門医の受診予約が取れたとお礼の報告がありました。

 地域連携室の役割は大きいと思います。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

肝炎対策(行政) | 23:50:04 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad