■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
インターフェロン治療費助成制度が活用されない
ポコの散歩道で 新聞報道で、この4月から始まったB・C型肝炎治療費助成制度の利用状況(4~6月)の実績が予想より非常に少ないことが取り上げられていました。
 大阪府は、当初の年間10377人の目標に対して、これまでに申請があり、助成が認められた人数は、1160人(11.2%)だそうです。

 患者さんやご家族への広報が徹底していない。
 所得に応じて1,3、5万円の自己負担に抑えられる制度ですが、所得は同一世帯の所得合算ですから、患者自身の所得が低くても、すぐに5万円の自己負担になってしまって、高齢者に敬遠される。
 副作用の強い治療法なので、働いている方は治療を受けづらい。
等々の理由もあって、利用されていないようです。制度の改善も求められます。

 いっぽう、大阪府には157の肝炎専門医療機関が指定されています。大阪府が作成し公開している一覧表では、インターフェロン治療の初期導入数やC型肝炎患者の延べ診療人数も掲載されています。相当数の患者さんを診療しているわけですから、これらの専門医療機関で、積極的に医療費助成制度を勧めたらいかがなものかと思います。
 平成20年度大阪府肝炎専門医療機関リスト

 私が居住する地域を担当する保健所(3市1町を管轄)では、150人に助成を認定したと説明されていました。

 大阪府には、府の保健所(14)、大阪市保健所、堺市保健所、東大阪市保健所、高槻市保健所の18保健所があります。
 保健所リスト
 



 肝炎専門医療機関リスト1か所平均にしますと、治療費助成制度を利用している患者数は、7.3人。
 1保健所当たり平均64人ということになります。
 私の町の保健所も専門医療機関(1)も相当がんばっていることになります。

 でも、肝がん・肝硬変で死亡する方は大阪府で年間5000人。もっとたくさんの方が利用できる治療費助成制度に変えてほしいものです。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 23:46:13 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-10-25 土 22:01:23 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。