■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
態度は がん診療拠点病院選定委員会
 24日午後、大阪府癌診療拠点病院選定委員会が開催されました。この日の議題は、厚労省に申請を出す予定の癌診療連携拠点病院の候補4大学病院についての審査でした。
 大阪府からは、共通した問題点として、
 ・すでに8二次医療圏に11のがん診療連携拠点病院が稼働していることから、厚労省との事前審査で、追加認定は厳しいこと。
 ・申請書類のなかで、「がん患者相談支援センター」の相談員の資格(国立がんセンターでの研修の受講など)など
について報告がありました。

 各施設からは、申請のための附属資料など詳細な内容がA4用紙80頁ほどあり、三時間程度の会議の冒頭に資料が配られ、審査すること自体が、患者委員としては責任を持ってできないことは難しいと意見表明しました。




 がん診療連携拠点病院が増えることは良いことなのですが、すでに稼働している全国の施設の多くが厚労省の施設基準を満たす要件を備えていないことが報道されたばかりです。

 施設を増やす前に、すでに稼働している11か所の拠点病院の充実が望まれるところです。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

医療を考える | 23:41:57 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad