■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「困難を極めた肝移植症例」ドクターたちの苦闘
京阪中之島線の車内 13日午後、中之島リーガロイヤルNCB会館で「第25回近畿肝移植検討会」(世話役:神戸大学大学院医学研究科肝胆膵外科学 具英成先生)が開催されました。
 いつもは副会長さんが参加されていたのですが、都合が悪く、私が参加しました。プログラムの最後「特別講演 困難を極めた肝移植症例 その予防と対策」(九州大学病院 第二外科講師 武富紹信(あきのぶ)先生のお話に興味深いものでした。

 43歳の外科医のお話、1年間に30例の生体肝移植を外科の2人の若い先生が中心になって行い、これまでに300症例を行ったなかから、非常に難渋した症例について、4つのパターンに分類されて、紹介され、フロアーからの批判も受けたいとおっしゃっておられました。
 小児の例、大柄な患者に小柄な夫人の肝臓を移植する困難な例、肝肺症候群を来した移植後の処置、移植後の感染症のコントロールなど、すべて難渋した症例を報告され、参加者とのディスカッションの材料を提供されました。


土佐堀川の夜景大阪光のルネサンス大阪光のルネサンス 検討会の帰路、淀屋橋経由で帰りました。大阪市役所周辺では恒例行事となった「oosaka光のルネサンス」が行われています。夜景を楽しみました。すごい人出でした。

スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

治療・治療薬 | 23:56:25 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad