■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
肝炎対策基本法制定をめざす全国キャンペーン 17日に難波で街宣
肝炎患者支援のための全国キャンペーン 肝炎対策基本法の制定をめざす全国キャンペーンによる街頭宣伝が各地で行われています。
 私が所属する患者会「大阪肝臓友の会」でも、13日に役員会と運営委員会を開催し、17日になんば駅頭で、薬害肝炎訴訟を支える会といっしょに宣伝行動を行うことを決めました。

○と き 1月17日(土) 15:00~17:00
○ところ 南海電鉄・高島屋の正面出入り口の歩道

 みなさんのご参加ご協力をお願いします。
 活動は、チラシ配布と国会請願署名活動です。
 


 日肝協の「肝炎対策基本法制定に関する請願」署名用紙を新しいものにしました。
 請願募金の欄を追加しました。本ブログの左フレームからダウンロードできます。これでご協力をお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

患者会 | 23:47:07 | Trackback(0) | Comments(7)
コメント
sinさん寒い日が続きますが、毎日の活動お疲れ様です。
17日は曇りのようですが、気温は高いようですね。頑張りましょう!!
2009-01-15 木 23:29:32 | URL | さざえ [編集]
募金を強制しているようで、この用紙を使う事に抵抗を感じるのですが、
どういった経緯・理由で、募金欄が追加されたのでしょうか?
2009-01-19 月 18:00:25 | URL | non-non [編集]
募金をお願いする理由
 non-nonさん
 当初、この請願は昨年11月に国会に提出する予定でした。
 しかし、国会解散などの予測もあり、いつ国会に出せるか、いまだに見当がつかない状況です。
 毎月、原告弁護団との会議などが東京であり、書名集めの目標も数万から100万筆に規模が大きくなりました。

 用紙の印刷代、会議に参加するための交通費や宿泊費など、経費が相当かかりますが、私たち患者会には経費を負担できる財源がありません。
 それで皆さんにご協力をお願いする次第です。
 日肝協の署名運動の場合、この10数年来募金欄を設け、みなさまのご協力によって、国会請願行動を行っています。
 ご理解とご協力をお願いします。

 なお、原告団の署名用紙は募金欄を設けておりません。
 募金欄を付けていない用紙は、薬害肝炎原告団にご請求ください。

2009-01-19 月 19:06:19 | URL | sin [編集]
慣例的に行ってきていたのですね。
募金をお願いする事には、理解できるのですが、
一人一人募金をしたかどうかをチェックする事に、
違和感を感じてしまいました。
2009-01-19 月 22:44:52 | URL | non-non [編集]
領収書を発行することもあって
 この署名運動に限らず、患者会では様々な署名運動に取り組んでいます。私が所属している患者会では、署名活動で募金をいただいた方(またはとりまとめていただいた方)には、必ずお礼状と「領収書」を発行しています。そのために、どなたがいくら募金をしてくださったかが必要になります。
 募金欄に金額は書いていませんが、多額の募金をお寄せになる方もございます。

 今回の「肝炎対策基本法制定に関する請願」の運動(全国キャンペーン)は、日本肝臓病患者団体協議会、薬害肝炎訴訟原告弁護団、B型肝炎訴訟原告弁護団」が、共同して呼びかけ団体になり、活動を始めています。
 署名用紙、チラシ(本ブログの写真)、ポスター、街頭宣伝用のぼり、横断幕、各都道府県ごとの集会会場費で、予算が500万円です。このようなことも月1回の3団体による打ち合わせ会で相談し決めています。そんような費用の捻出もしなければなりません。
2009-01-20 火 04:45:56 | URL | sin [編集]
色々と教えていただきありがとうございます。

活動費は必要ですから、募金募集に対して否定的なわけではありません。
募金と署名とは、切り離して考える方がいいのではないかなと感じます。
というのも、この署名用紙の形式ですと、募金を強制されているように感じる方や、ペンを持った手を止めてしまう方がいることを、お見知りおき下さい。

募金とは、募金箱や募金募集を見た方が何かを感じ、善意でされる事だと思います。
募金の領収書が税金対策にもなるらしいので、領収書を必要とされる方もいらっしゃると思います。
しかし、領収書を必要とされる方は、どちらかというと少数なのではないでしょうか?
募金箱の投入口周りに、「領収書が必要な方はお申し出下さい」と一言書いておき、申し出た方にお名前と住所(署名済みなら一部でも可)を聞けばいいのではないでしょうか?
また、お礼状も一定額以上の方のみで、10円募金した方には送りませんよね?
それは差別とは言えませんか?
署名していただくだけでもありがたいことであり、署名だけの方も、小額募金の方も、多額募金の方も、人数や額に関係なく、等しく感謝する相手ではないでしょうか?
領収書が必要という方に、送付の際、一筆箋に「ありがとうございました」と同封する。
署名や募金をいただた都度、お礼の言葉を述べるわけですから、上記で充分だと思うのですが…。

事務処理をする上では、募金欄があれば便利かとは思います。
しかし、署名・募金される側の都合より、署名・募金していただく多くの方々に、気持ちよく署名・募金していただく事を大事にした方がいいのではないのかなと思います。

内部の話は、一患者には中々伝わってきません。
また色々と教えていただけたらと思います。
2009-01-21 水 05:47:11 | URL | non-non [編集]
請願団体にお伝えします
 non-nonさん、私が所属する患者会では、金銭(金券も含め)の受け渡しですから、額の多少に関わらず領収書を署名を寄せていただいた方に郵送しています。

 いただきましたご意見は、請願団体である日本肝臓病患者団体協議会の代表者にお届けします。
 
 また、募金欄のない署名用紙も薬害肝炎原告団で用意されていますので、そちらの用紙もご活用いただくようにお願いいたします。
2009-01-21 水 05:54:12 | URL | sin [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad