■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
遺伝子組み換えアルブミン製剤「メドウェイ」回収
  【田辺三菱製薬】「メドウェイ」を自主回収‐試験データ改ざんで製造承認取り下げ (薬事日報「HEADLINE NEWS」09/03/25付)

 開発製造部門(㈱バイファ)は、田辺三菱の子会社。
 薬害C型肝炎事件(フィブリノゲン)の製造販売を行っていた「ミドリ十字」の後継会社。
 

 治験データから意図的に遺伝子組み換えの酵母菌アレルギーが出た症例をはずしたようです。
 アルブミン製剤、人血漿の不足から、人血に頼らない製剤として、私も注目していました。非代償性肝硬変患者(低アルブミン血症)の治療薬として有望視されていただけに残念です。


 古賀弁護士さんのブログでもこの事件が取り上げられています。
 治験データの改ざん、発覚後の迅速な公表をしなかったことなど、資質が問われる事件です。

【関連情報】
 アルブミン、国内自給に“黄信号”
   09/03/18 23:04   キャリアブレイン
 出血性ショックや重症熱傷、肝硬変に伴う難治性腹水などの治療に必要なアルブミン製剤(遺伝子組み換え製剤を含まない)の国内自給率の伸びが昨年、マイナスに転じた。国はアルブミン製剤を含む血液製剤の国内自給を目標に掲げており、自給率は近年、上昇傾向にあった。厚生労働省では「自給率が低下すると、国内の献血が無駄になる可能性もある」として危機感を強めているが、DPC(入院費の包括払い)を導入する病院が増加し、比較的安価な外国製のアルブミン製剤を選択する病院が増えた可能性も指摘されている。
スポンサーサイト
患者会 | 23:05:36 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad