■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
薬害肝炎訴訟 現状は
黒鳥山公園黒鳥山公園黒鳥山公園
 8日夜、薬害肝炎訴訟を支える会の世話人会が開催され参加しました。
 弁護団から、訴訟の現状が報告され、
 大阪地裁で原告数は436ケース、内和解は243
 広島地裁       9        〃  6
 岡山地裁       8        〃  2
 松江地裁       11        〃  4
 鳥取地裁       3        〃  1

 今年になって、フィブリン糊が使われたケースで、被告国側は輸血の量との関係で、異議をとなえていたが、東京地裁で1例和解が成立。フィブリン糊でも和解が進む方向が明示された。
 また、カルテなどの証拠がない原告でも、大阪地裁で当時の担当医が証言にたち、たくさんの患者の治療方針が定まっていたケースで、裁判所がフィブリンノゲンが投与されたことを認め和解が1件成立されたと報告がありました。
 5月の大阪地裁での期日でも、相当数が和解するも通しも報告されました。




 肝炎対策基本(肝炎患者支援)法制定のための与野党実務者協議も始まっていて、国の責任の法律への明記と肝炎患者医療費助成の枠の拡大(B型肝炎の抗ウイルス剤への支援)などで、与党側が難色を示しているようです。
 会期末(6月3日)が迫ってくるので、早々の国会議員や政党へのアクションが必要になるかもしれないとの説明もありました。

■大阪での街頭キャンペーン
 5月1日(金)、メーデー会場での署名集め

■地方議会への働きかけ
 広島・高知・香川県議会など
 大阪市議会など 
 6月議会での意見書採択に向け、5月中旬に議会関係者に要請を。

などが、話し合われました。

◎ 山口美智子薬害肝炎訴訟原告団長 麻生首相の「安心社会実現会議」のメンバーに推薦され、受諾されたようです。
 時事通信「首相、「麻生ビジョン」策定へ=有識者会議を設置-6月前半にも提言」
 毎日新聞「麻生首相:中長期の国家戦略作り、有識者懇を設置--13日初会合」

 薬害の根絶とウイルス肝炎患者の療養支援が前進するような提言がまとめられることに期待しています。


スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎訴訟 | 23:19:46 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad