■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
計画が立ちません
日比谷公園で 最近の政治関連ニュースでは、解散総選挙の次期をめぐるものから景気対策のための追加経済対策の補正予算・関連法案審議のために国会の大幅な会期延長など、様々なニュースが駆け巡っています。

 皆様にお願いしている「肝炎対策基本法制定に関する請願」「難病・長期慢性疾患等の総合対策を求める請願」をいつ国会に届ければよいのか判断ができません。
 5日に開催された日本難病・疾病団体協議会(JPA)の幹事会でも、国会請願行動実施日を6月1日(今国会閉会直前)か11月か2案が示され執行部(理事会)で決定することになっています。

 私たちの日本肝臓病患者団体協議会も4月26日の常任幹事会で決めなければなりませんが、判断が難しいところです。その直前には、薬害肝炎訴訟・B型肝炎訴訟原告弁護団の皆さんとの打合せ会議もありますから、じっくり相談することになるでしょう。


 10日は、患者会の事務所当番。70歳代半ばの女性が事務所に来室され、病院から取り寄せた書類を見せていただき、薬害肝炎訴訟の原告になれるかどうか相談されました。
 手術を受けた時期の証明書やその担当医の書かれた書類なども見せていただきました。担当医病院が提供したとされるフィブリノゲンの納入実績記録では、手術を受けた2年ほど前からフィブリノゲンが納入されていないことなどを説明させていただきました。
 企業から直接納入実績報告書などを取り寄せ、薬害肝炎弁護団にまずFaxで相談されるようにお勧めしました。

 この日は、電話相談も5件あり、関東の方からも2件。薬害肝炎訴訟からみでも来室者を含め2件ありました。入会問い合わせは3件。
 このところ毎週のように入会者が数名ずつおられます。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

患者会 | 23:05:17 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad