■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
仕事、家事などで多忙、副作用 工夫で! インターフェロン治療
巣鴨通り商店街で 11日、松下IMPビルで、肝臓学会等が主催、読売新聞が講演して、C型肝炎の講演会がありました。読売新聞にシェーリング・プラウ社が大きな広告で案内しましたから、700席余りの会場は満員でした。
 講師は、阪大附属病院・平松先生、信州大学教授・田中榮司先生。講演テーマは、C型肝炎のインターフェロン治療です。
 平松先生は、高齢者や60歳以上の女性、1b高ウイルス量難治例対策について説明されました。
 田中先生は、ご自身の病院での患者さんの治療を紹介しながら、仕事や家事などで多忙、副作用を恐れてインターフェロン治療を躊躇される方々が多いことを図表を使って紹介され、それぞれに対する工夫を紹介されていました。


 また、高齢者に対するインターフェロン治療について説明され、
 65歳までは、積極的にお勧め
 66-70歳では、勧める
 70-75歳   本人の強い希望があれば行う
 75歳以上  インターフェロン治療は難しいと説明している
との田中先生のガイドラインを紹介されていました。

 この日の講演会は、今までのものと違って、スライドも練られており、患者さん向けに作られたものですし、様々な治療例を流すのではなく、C型肝炎の特徴(肝発がん、肝硬変の合併症)による生活レベルの低下を紹介し、積極的にインターフェロン治療を受けていただこうと誘導する工夫がなされていました。

 ただ、インターフェロン治療の仕事に対するマイナス面についての工夫は、今までの講演内容とそうかわらず、臨床の先端を担っておられるドクターに、仕事に対するインターフェロン治療の影響をきちんと伝える努力を、患者側がしなければならないのかなと強く感じた田中先生のご講演でした。
 私にとって、この日の講演会は収穫が大きかったです。

休憩時間を利用し、インターフェロン治療で完治した体験者のお話をビデオで流し、メーカー側もインターフェロン治療がすばらしいものであるというイメージアップの取り組みをされていたのも、今年の新しい試みです。
 
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 23:12:03 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
いつも重要情報をありがとうございます。
IFN治療によって著効を得られる方がふえているのと同時にこの治療の無効患者、再燃者、途中リタイヤ組も増えています。こういう患者へのフォローのような講演会があったら助かるのになーと思います。
また製薬会社が後援である場合の体験談は希望を抱く方に偏りがちですのでsinさんか書かれているように仕事をしながらの厳しい面、患者の家族の大変さなどは患者の側で発信していく必要があるのではと思います。
2009-04-12 日 20:55:29 | URL | つばさ [編集]
その講演の東京版に行ってきました(12日)
講師は、慶應の海老沼先生が、「病態と治療」というテーマで、虎ノ門病院の熊田先生が「治療の将来と展望」というテーマでお話くださいました。

熊田先生のお話はいつもながら判り易く、特に今回は「皆さん、新薬ができたと新聞に出ると明日にでも使えるものと思われるかもしれませんが、実際使えるものは20に1つ位の割合です。本当に使って良いものは厚生労働省が認可しますから、インターネットで個人輸入などしないように」と、ズバリ、突いたお話でした。

また、プロテアーゼ阻害剤について、劇的な効果がある、という説明とともに、こんなに酷い皮膚症状が出る、と背中の発疹の写真が写され、医学的な写真はこれだけでしたので、余計印象的でした。

参加は1500人という話でしたが、ほとんど高齢者でした。
会場の砂防会館は政治の世界でよく聞く名前ですが、プロジェクタが巨大なのに明るくて後ろからも見やすく、さすがと思いました。

聴講者が入る時の誘導方法が緻密に組み立てられていて、実にスムーズに入場できました。席を探して右往左往することなく、1500人が20分くらいで入場できたのは、さすがでした。
2009-04-13 月 16:31:24 | URL | HATCH [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。