■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「基準」を示すべきだ
中之島風景 17日午前、大阪地裁でB型肝炎訴訟の弁論期日があり傍聴しました。
 まず製薬企業にお勤めだった原告21番さんが意見陳述しました。
 国の予防接種のせいで3度目の肝炎増悪で会社を自主退職しなければならなくなったこと、2度の肝炎増悪は、死ぬ思いをしたこと。家族への感染や、今後の病気の悪化の心配など、国の予防接種で、大変な被害を受けたことを陳述し、国の責任みとめるように訴えられまた。
 また、原告側弁護士からは、無症候性キャリア(3人の原告)に民法が定める除斥期間を機械的に当てはめる国の対応の不当性を弁論されました。

 今後の期日や進行について法定内で裁判官、原告被告代理人間で話し合われるなかで、原告側代理人が、原告個々の国側の対応について争いを起こす「基準」を示してほしいとと伝え、国側がこれを拒否し、押し問答をする一幕もありました。

 国側は裁判を引き延ばそうとしているのでしょうね。




■報告集会
 11時から弁護士会館で民医連のケースワーカーや患者会等、毎回の傍聴メンバーですが、今回、新たに大阪市立大学法学部の学生さんが20人ほど傍聴されました。
 このグループは、大学の中で行われている「無料法律相談」に携わっているグループだそうです。
 報告集会でも積極的に質問(国側代理人のこと、B型肝炎のこと)し、今後もできることがあれば応援していきたいとリーダーの方が決意を述べられ、B型肝炎訴訟でも支援する学生グループができて頼もしい限りです。

■今後のB型肝炎訴訟の期日一覧
 全国弁護団からの情報です。

 静岡地裁:2009年4月23日(木)午後1時30分(集団第3回)
 東京地裁:2009年4月24日(金)午前10時30分(第3回)
 鳥取地裁:2009年5月8日(金)午前11時~(第4回弁論)
 札幌地裁:2009年5月8日(金)午後3(第4回)
 松江地裁:2009年5月11日(月)午後1時30分(第2回弁論)
 新潟地裁:2009年6月11日(木)午前10時(第2回)
 広島地裁:2009年6月23日(火)午前4時(第5回)
 福岡地裁:2009年7月1日(水)午後2時(第5回)
 福岡地裁:2009年7月29日(水)午前10時~午後5時(第6回)
 大阪地裁:2009年6月26日(金)午前10時(第4回)

 ※また報告集会は、訴訟が30分~60分程度で終わり、それに続けて近くで行われるはずですが、場所等は把握しておりません。


スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎訴訟 | 23:44:25 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
ほんとに
引き延ばそうとしているとしか考えられないです。患者をまず救済して欲しい残された時間のない人たちもたくさんいるんですから。父子感染とか予防接種率だとか、自分たちがやってきた医療行為の証明を患者に要求するってあり得ないでしょって思うのですが、それが裁判の仕組みでもあったりして、矛盾を感じずにはいられないです。ウイルス肝炎の治療の支援だけでもまずは法律化して多くの人が救われて欲しいです。
2009-04-27 月 05:56:38 | URL | Kawanishi [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad