■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
やっと 「肝臓のなかま」版下完成
肝臓のなかま 表紙 19日付読売新聞(大阪本社発行)の家庭欄で、「岡山大学と米ピッツバーグ大の共同研究チムが、人胚性幹細胞(ES細胞)から、肝臓の細胞を作り出すことに成功した」と報じています。
 記事は、「岡山大の小林直哉講師(消化管外科)らは、蛍光物質を用いて、成熟した肝細胞だけを
集める方法を開発した。集めた細胞は、アンモニアを尿素に変えるなど通常の肝細胞のように働いた。血液を固める成分を作る能力も確かめられ、・・・」と、解毒や止血因子の産生能力があることを報じています。
 人工臓器へ一歩前進でしょうか。喜ばしいニュースです。


サムハラ神社の椿 19日、患者会には日曜日がありません。事務所にでて、日本肝臓病患者団体協議会の会報「肝臓のなかま」84号の版下を作成しました。
 20日には、ボランティアの方々4,5人で製本、袋詰め作業をしてくださいます。それまでに印刷を終えなくてはなりません。

 今回の内容は、
 ・肝炎対策基本法制定全国キャンペーン・国会要請行動
 ・肝炎対策基本法・肝炎患者支援法を与野党一致で成立を
 ・福井肝友会総会・日肝協へ加盟手続き
 ・B・C型慢性肝炎、肝硬変治療ガイドライン2009
 ・第19回肝臓週間
等です。

(写真は、友の会事務所近くのサムハラ神社の椿)
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:54:02 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad