■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
医薬品行政の見直しを
ポコの散歩道で 4月30日、薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会による「薬害再発防止のための医薬品行政等の見直しについて(第一次提言)」が、公表されました。

 フィブリノゲンやクリスマシンなどの薬害肝炎を引き起こした製剤の厚労省による承認手続きや、その後の情報の隠蔽や対応の無策の実態が明らかにされています。
 今後の医薬品に関わる国の施策について改善策を示し、今後も検討会が行われることを予算措置も含めて求めています。


 肝炎・肝硬変・肝がんなどの治療薬(新薬開発や承認)についても、治験・添付文書・販売後の副作用調査、個人輸入に対する対応など、患者や家族が注意すべきことも示唆されています。
 内容は難しいですが、参考になる提言です。

■交通事故
 2日お昼過ぎ、市内府道で対向車線からはみ出してきた車が、私の前を運転するワンボックスカーに正面衝突しました。
 はみ出してきた車が前の車にぶつかる前に、ブレーキをかけて私の車が止まったところに、衝突した車2台が私の車にぶつかってきました。
 びっくりしました。
 保健所と消防支所の前の事故だったし、大きな音がしたので、まず消防署の職員が出てきて、安否確認。救急車の手配などをしてくれました。
 前の車は、妊婦さんとそのお姉さん。外傷はないようでしたが、すぐにかかりつけの産婦人科に搬送されていきました。
 私の方は、車に少し傷がついた程度。はみ出してきた車の運転手さんも、怪我はないようで、大変恐縮されていて、110番通報やぶつかった運転手や同乗者への対応など動転された様子でしておられました。

 私も20年以上の運転歴で、小さな追突事故は、何度か起こしたことがあります。でも、今回のような車が大破するような事故に直面するのは初めてです。
 大きな音と衝突された車が10m近く押されてバックして迫ってくる有様を目前にしてびっくりしてしまいました。事故を起こされた方も公務員。どうも仕事中のような雰囲気でした。

 保健所の前での事故、職員さんも連休中(土曜日)なのに、仕事をされている監視員や保健師さんもおられて、様子を見に出てこられました。知っているお顔も拝見したので、「ご苦労様です。新型インフルエンザでの相談対応ですか」と聞くと笑ってうなずいておられました。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎訴訟 | 23:22:41 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad