■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
塞栓物質 肝がんの治療に
ポコの散歩道で みかんの花 私が造影CTでお世話になっているクリニック(放射線科)の主治医が20年来研究を続けられてきた「塞栓物質」が、フランスやアメリカで認められ、がんの一般的な治療に用いられるようになっています。
 日本でも、抗がん剤の製造販売を行っている企業が、塞栓物質を販売できるようにする準備を始めたと報道されました。
 化学工業日報 09/04/20付 日本化薬、米社から血管塞栓材を導入


 <記事の抜粋>

 日本化薬は17日、米バイオスフィア メディカル(マサチューセッツ州)から、血管塞栓用ビーズの日本での独占的開発権と流通販売権を取得したと発表した。
 厚生労働省の検討会で国内への早期導入が了承された医療機器。肝細胞がんや転移性肝がんなどの血管過多腫瘍の治療に用いられている「ヘパスフィア マイクロスフィアーズ」と、子宮筋腫、血管過多腫瘍、動静脈奇形の治療に用いられている「エンボスフィア マイクロスフィアーズ」。両製品ともカテーテルで血管内に留置し、血流遮断を目的として使われる。


 日本初の治療薬や治療器具(塞栓物質は器具扱い)が、外国企業の努力で、海外で先に承認され、日本に輸入される。器具と認められても保険診療に導入できるかその是非が検討されるのにも相当の時間がかかり、おまけに「価格」によっては、企業が販売をあきらめることになるのかもしれません。
 治療薬や治療器具の日本での承認、保険診療早期認可までの道のりは、相当厳しいようです。
 薬害根絶の仕組み作りと、良い治療薬・器具の早期承認は、相反するものがありますが、患者にとっては、これまた時間のない問題です。



スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

治療・治療薬 | 00:12:39 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。