■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
取り調べ調書づくり
バラ公園で 14日、5月2日に交通事故にあって、地元警察署からの要請で調書づくりに出向きました。
 人口急増の自治体。交通事故も増えているようです。
 古い警察署の狭い部屋に担当官が増えて、事務机がたくさん入れられた分だけ部屋の中の通路が狭くなり、私が担当官の机の前に座るとその後ろが通れなくなるような状況です。


 担当官は、私の身辺調書から一つずつ確認しながらパソコンで入力する当方法で始まりました。約1時間で解放されました。調書を取られるのは初めての経験です。

 交通事故は、2日のお昼過ぎに、消防支所の前で起こりました。
 対向車線を走行していたワンボックスカーが追い越し禁止ライン(黄色)を大幅にはみ出してノーブレーキで、私の前を走るワンボックスカーに正面衝突。センターラインを超えた車をみた段階で私はブレーキをかけ自車と停止させました。
 衝突された車が押し戻されて、止まっている私の車と衝突しました。
 大きな音の割にには、自車の破損はほとんど無く、バンパーが全体に押し込まれてしまった程度です。
 最初にぶつかってきた車は業務中のようで、勤務先が私の車の修理には責任を持ってくれるようです。
 以上のようなことを供述し、調書が作成され、確認後押印して終わりました。
 
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

雑記 | 23:45:56 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。