■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
リーダーに学ぼう!がん患者の声を広げるために
5/10中外勉強会のアルバム 10日、中外製薬が主催して開催されたがん患者勉強会「リーダーに学ぼう!がん患者の声を広げるために」に参加された大阪肝臓友の会のTさんから、参加報告とアルバム(写真)がメールで届けられました。
 島根のがん患者サロンを運営されている佐藤愛子さんのお話が聞けるので私も参加したかったのですが、あいにくと東京の会議と重なってしまいました。

 レポートに寄れば、





 夫を大腸がんで亡くしたジーン・モスマンさんは、イギリスにおけるがん患者の生存率の低さや治療へのアクセスの不平等(居住地による差別)などを痛感した体験をもとに、高度で公平ながん治療、がん予防を求めて「がんアドボカシー」にとりくんでいる経験を一時間あまりにわたって紹介しました。特に、がん対策を政治課題のトップとして維持するためにイギリスでは1998年にがん対策に関する超党派議員連盟が設立され、政界と一体となってがん対策の向上を促していることやマスコミなどを通じて世論喚起、啓蒙活動にとりくんでいる経験、日本でいう「患者会運動」のような団体の目的、目標、財政活動を含めた組織活動のあり方についてもきめ細かく紹介しました。

 二番目の演者、「がん情報サロンちょっと寄って見ません家」をキャッチフレーズに、島根県でがんサロン活動にとりくんでいる佐藤愛子さんもご主人を大腸がんで亡くしています。佐藤さんは、平成17年(2005)に益田市で「がん患者交流サロン」が開設されて以降、県内で21ヶ所にひろがった「がんサロン」活動の歴史を紹介しながら、行政へのがん対策の推進を求めた市議会、県議会への請願署名運動の取り組みについても紹介しました。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:33:46 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。