■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
肝がん治療に、ネクサバール 全数管理を条件に承認
友の会事務所近くで 分子標的治療薬「ネクサバール」が、厚労省によって、「効能追加」で5月20日承認されました。
 これまで(08/01/25~)腎臓がんの治療薬として治療に使われていました。

 日経ネット「バイエル薬品、「ネクサバール錠200mg」について切除不能な肝細胞癌への承認を取得

 【薬価】 ネクサバール錠200mg 5426.2円/錠
 また、厚労省より、使用症例について全数管理を指示されていますから、ネクサバールが治療に使える医療機関(ドクター)も限定されるようです。


 記事から冒頭部分を引用します。
 根治切除不能又は転移性の腎細胞癌治療を目的として国内で販売中の「ネクサバール(R)錠200mg」(一般名:ソラフェニブトシル酸塩)について、厚生労働省より、新たに切除不能な肝細胞癌の効能・効果で承認を取得しました。
 ネクサバール(R)は、腫瘍細胞増殖抑制と血管新生阻害の2つの作用により、癌の成長を抑制する経口の分子標的薬です。


 副題には、「・全例調査の実施と厳格な適正使用の推進について、医療関係者への協力を要請」と、副作用に対する管理を厳格に取り組み、「適正使用」に取り組む姿勢も示されています。

 バイエル社のサイト

■安全性対策について
 ネクサバールの適応追加承認条件として、肝細胞癌患者を対象として全例調査を行うことが義務付けられています。
 バイエル薬品では、この全例調査ならびに適正使用推進策の実施に際し、広く医療関係者・医療機関・関係団体に対し、協力要請をしてまいります。
 また、ネクサバールによる肝細胞癌治療について正しくご理解いただくことを目的として、ネクサバール総合情報サイトにおいて、適正使用や安全性に関する情報を提供してまいります。


とあります。
 腎臓がんの治療で発現した副作用と今後の注意についても、上記ネクサバールのサイトで紹介されています。
 肺がん治療薬「イレッサ」の例もあります。また、肝がんの背景には、重い肝硬変がある場合もありますから、この薬による治療に当たっては、治療現場の医師や薬剤師による患者と家族への注意喚起も必要です。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

治療・治療薬 | 23:15:10 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
そうですね
まだしっかりと安全性が確認できていないと言うことで、脳外科などが救急対応する病院でないと使えないと言っていました。開業医ではまず無理ってことですね。。。効果が期待できる方は是非、紹介して受けられたらいいですね。
2009-05-26 火 05:35:22 | URL | Kawanishi [編集]
それは
  Kawanishiさん
 コメントありがとうございます。
 そうですか。脳外科で対応しなければならないことも起こる事例があったのですか。
 もう少し資料を熟読してみます。
2009-05-27 水 19:05:04 | URL | sin [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad