■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
副作用は、解明されない薬の作用? 
ポコの庭で 微熱が続いているために25日も自発的に自宅待機。夜には平熱になりました。
 製薬会社(アステラス)が公募している患者会支援事業(助成金)について、日肝協としても応募することが4月に行われた常任幹事会で決定され、申請書をやっと作成することができました。代表幹事の所に郵送し印鑑をいただいて、今月末までに提出しなければなりません。

 情報を仕入れるためにブログを検索していると興味深いものを2つみつけました。



■サリドマイドのお話
 東京渋谷区の六号通り診療所の所長さんのブログ
 「サリドマイド」を通して、薬のネット・コンビニ販売、薬の「副作用」、TNF-α抑制と抗がん作用について、先生の見解を示しておられます。興味深く読ませていただきました。
 「新生血管抑制」が、肝がんにも有効だと考えておられるドクターもおられます。一方この作用が、サリドマイド児の誕生で、多くの人の人生か変える多大な影響をその後に残しているのです。

■C型肝炎の新治療薬テラプレビル
 ばんばんさんのブログ「C型肝炎治療の“あかるい”肝炎生活」で、新しい抗ウイルス剤の治験報告が紹介されています。
 テラプレビル併用(ペグインターフェロンα-2a+リバビリン)で、治療期間の短縮と著効率アップが期待できるようです。
 しかし,副作用も多いようで、発疹、貧血、眼症状、うつなどの重症有害事象で治療中止例が22%(対照群11%)と報告されています。

 C型肝炎治療は、新しい治療法でも副作用(有害事象)に十分注意しながら慎重に治療をすすめるしかないのでしょう。
 仕事や家事との両立が難しいことにかわりはないようです。
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

治療・治療薬 | 23:31:44 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。