■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
最高裁判決が出ても
ポコの庭で 27日夕方、B型肝炎感染損害賠償訴訟「最高裁勝利判決3周年集会」が開催されます。
  ~全ての被害者に対する被害回復を!全ての患者に対する治療体制の確立を!~

 ○日時 : 2009年5月27日(水) 午後6時30分~

 ○場所 : 日本教育会館 8階・第一会議室(入場無料)
         東京都千代田区一ツ橋2‐6‐2  <地図

 ☆記念講演 石川ひとみさん(歌手)「B型肝炎を発症して」

 ○主催  B型肝炎訴訟全国原告・弁護団

■ これからの各地のB型肝炎訴訟の日程
 福岡地裁 2009年6月3日(水)午後2時30分~
 新潟地裁 2009年6月11日(木)午前10時~
 大阪地裁 2009年6月26日(金)午前10時~
 福岡地裁 2009年7月 1日(水)午後2時~
 東京地裁 2009年7月10日(金)午前10時30分~
 福岡地裁 2009年7月29日(水)

 260人余りの原告が裁判を行っています。まだまだ原告が増える可能性もあります。

 厚労省は、最高裁判決は、判決が出された原告5人のみの問題で、他のB型肝炎患者については、私たちの要求(他に被害者が出ていないのか調査すべき)を無視し、過去の集団予防接種などについて検証するなど対策を講じようとしません。





 2008年6月16日に出された最高裁判決(全文)には、

(2) 我が国において,遅くとも昭和26年当時には,血清肝炎が人間の血液内に存在するウイルスにより感染する病気であり,黄だんを発症しない保菌者が存在すること,注射の際に,注射針のみならず注射筒を連続使用した場合にもウイルス感染が生じる危険性があることについて,医学的知見が
形成されていたから,被告においては,遅くとも,原告X4が最初に集団ツベルクリン反応検査を受けた昭和26年当時には,集団予防接種等の際,注射針,注射筒を連続して使用するならば,被接種者間に血清肝炎ウイルスが感染するおそれがあることを当然に予見できたと認めるのが相当である。したがって,その当時,被告は,集団予防接種等において注射器の針を交換しない場合はもちろんのこと,針を交換しても肝炎ウイルスが感染する可能性があったことを認識し,又は認識することが十分に可能であり,本件集団予防接種等を実施するに当たっては,注射器(針,筒)の1人ごとの交換又は徹底した消毒の励行等を各実施機関に指導してB型肝炎ウイルス感染を未然に防止すべき義務があったにもかかわらず,これを怠った過失がある。


 最高裁のサイトに、判決概要全文が掲載されています。

 また、今年4月14日、参議院厚生労働委員会で民主党の植村聡議員が、過去の集団予防接種とB型肝炎感染の可能性のある被害者が数十万人にのぼるのではないかと厚労省を追求しています。
 参議院ののビデオライブラリーでみることができます。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎訴訟 | 23:30:01 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad