■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
免疫抑制剤が
 3日、患者会の事務所に午後から出ました。
 当番が女性で、いつもは2人でしてもらっているのですが、この日は相方の体調不良で1人での当番です。
 事務所に出ると、男性の来訪者がいて、薬害肝炎訴訟に関するご相談でした。病院へ問い合わせていたお返事を持参されました。病院事務局からのお返事は、問い合わせに対して、相当古い時期なので、カルテ、その他の資料もなく調査のしようがないというものでした。
 このような方が、ほとんどです。

■ がん患者さんの相談が2件ありました。
 1.大腸癌の外科切除を行った後、周辺リンパ節にも転移しているので抗がん剤による化学療法の予定が体調不良で受けられない→最寄りのがん患者相談支援センターを紹介。


 2.肝硬変で生体肝移植を7年前に受けた男性。免疫抑制剤を服用し続けていて、相当進行した他部位の癌が見つかる。医師からは免疫抑制剤を長期間服用していると癌ができやすく、進行も早くなることもあると、癌が見つかってからコメントをもらったとのこと。
 放射線治療の信頼できる施設と治療法についてご相談がありました。
 小線源治療と強度変調放射線治療を行っている大阪の施設をいくつか紹介しました。

■他にも製薬会社からいくつかの連絡が入っていて、対応に右往左往した1日でした。

スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:29:37 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。