■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
舛添大臣の謝罪に続くものが
09/06/16 B型肝炎訴訟最高裁判決3周年抗議行動0961601.jpg 集団予防接種B型肝炎訴訟最高裁判決3周年抗議行動が、16日判決が出された同日に開催されました。肝臓病患者団体を代表して参加しました。
 お昼過ぎの厚生労働大臣との面談にも支援団体として、日本難病疾病団体協議会の伊藤たてお代表とともに参加しました。

 面談で大臣は、国の対応について5人の原告(遺族)にお詫び(謝罪)し、今後の対応について、肝炎患者への支援や研究について急いで取り組むことを表明しました。また、判決に対する国の対応を含め関係省庁と協議し対応すると説明しました。

 面談後、日比谷公園で報告集会を行い、15時から厚労省記者クラブで記者会見を行い、原告弁護団は、声明を発表しました。


 またこの日、全国9地裁でB型肝炎訴訟の追加提訴が行われ、40人が原告に加わりました。これまで提訴された方を含めると原告数は320人になりました。
16日、B型肝炎原告弁護団(最高裁時)の声明

 ・面談後の原告弁護団の声明
 ・舛添大臣への要望書
 ・提訴の現状と今後の予定
 ・厚労省前などで16日に配布したチラシ
などを、日肝協のサイトにPDFファイルでアップしました。

 舛添大臣は面談のさい、メモを見ながら発言しておられました。厚労省の官僚が作成したものと思われます。厚労省のB型肝炎対策に対するガードの堅さがうかがわれます。

 最高裁までの原告代表が、悔しさをにじませながら、今回の面談を第一歩としてこれからもB型肝炎患者のためにがんばりたいと決意を述べておられましたが、まさにその通りだと思いました。

 
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 23:10:25 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。