■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
安心できるのか 「安心社会実現会議」報告書
谷町6丁目界隈 今年4月に政府の「安心社会実現会議」が発足し、薬害肝炎訴訟原告団長の山口美智子代表もメンバーに参加し、5回の会議の末に6月15日報告書が麻生首相に手渡されました。
 首相官邸のサイトにこの報告書が掲載されています。

 この会議が発足したときにメディアで大きく取り上げられました。有識者の1人に山口代表が加えられ、山口さんも参加に同意したという内容に私は注目しました。



  



 会議の趣旨には、
「安心社会の実現には、国家として目指すべき方向性や基本政策の在り方について、幅広い視点から、総合的な検討を行うことが必要です。
 このため、安心社会の実現に向けた様々な課題について議論を行うため、内閣総理大臣が有識者の参集を求め、「安心社会実現会議」を開催することといたしました。 」


とあります。
 でも、報告書を読んでみると、私は「消費税の増税」を打ち出した内容が気にかかるところです。

■友の会 相談活動
 18日午後、先週、電話で相談のあった友の会の会員さんら3人と天王寺公園入口のカフェテラスでお会いし、お話をお聞きしました。

 薬害肝炎被害者救済法による補償を得るための活動についてのご相談でした。薬害肝炎弁護団に、出産した医療施設からの手術台帳のコピーを送って相談しても、補償は得られないとのお返事をいただいたりしておられました。
 どうするか、友の会の350万人肝炎患者の療養支援を実現する取り組み(肝炎対策基本法の制定、国による医療費助成の枠の拡大を求めること)などを説明しましたが、納得をしていただけませんでした。
 患者会の活動に協力していただくこと、患者個人では証拠がそろえられない方々が集まって、カルテ等の保存を求める活動をするなど、鹿児島や新潟の会の活動なども紹介し、大阪でもそのような活動を行うこともできるなど、お話をしました。
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

ニュース | 23:32:06 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。