■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2型でも24週では
事務所近くで 19日、午後から事務所当番。共同募金会の助成金の申請書づくりを自宅で済ませ、天下茶屋の駅で会長さんに押印してもらい、谷町6丁目の社会福祉会館の共同募金会の事務所に提出。昨年まで、S事務局長さんが一手にこのようなことは処理していただいていました。突然の難聴で、ただいま療養中です。
 事務局長代理になって、初めてのことで、この書類の作成や手続きには難渋しています。

 午後から事務所で、会計伝票の入力や郵便物の整理。募金のお礼などを文書作り。その間に、薬害肝炎訴訟に関連した相談者の来室、電話相談なども4件あり、慌ただしいの一日でした。



 相談の電話では、C型肝炎グループ2の方が、2度目のインターフェロン治療をある大手の病院で受けられましたが、2型だからと24週間の治療だったそうです。ウイルスが陰性にならなかったから24週間だったのかもしれませんが、その当たりの説明がドクターから無く、今後どうしたらとの相談でした。
 ALT値も25、血小板も15万あるそうです。
 主治医とよく相談すること、なおかつ心配ならセカンドオピニオンを求められてはと、相談先をいくつか紹介しました。

 2型のC型肝炎患者で難治例の方の治療は???です。
 薬害肝炎訴訟の原告の福田衣里子さんも、このタイプで、厚労省とのやりとりでも、対策を追求されていました。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

患者会 | 23:26:49 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。