■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
村独自のインターフェロン助成
 福島県の平田村では、B・C型肝炎のインターフェロン治療で村独自の助成制度を設け、自己負担分の軽減を図ります。
 毎日新聞の報道(09/07/03)「平田村:肝炎インターフェロン治療費、助成へ--B・C型 /福島

 記事によれば、自己負担の7割を助成するという。これまでにウイルス検査を受けた方が3000人。(治療推奨年齢となる)65歳以下で感染していると思われる人数は460人(B・C型肝炎含めてか)、と報道されています。

 検査を受けた人数のなかで言えば、感染率は15%にものぼります。
 村の人口は、7115人(09/06/15現在)。ウイルス検査がどれだけ終えておられるのかわかりませんが、相当数の感染者がいることは予想されます。




 福島県内全体では、昨年度638人が国と県の助成制度を利用したと報じています。
 平田村の調査と比べると、圧倒的に少ない利用者だと言うこともわかります。

 国のインターフェロン治療費助成予算は、半分が余ってしまう(未消化)ようです。
 全国でもこのような地域は多数存在すると思われます。国は、肝炎対策(感染の実態調査をふくめ)をきちんと行うべきです。

 


スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 23:10:06 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad