■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
専門医からのメッセージ
知っておきたい肝臓病の知識Q&A 10日午後、友の会の事務所当番でした。

■ 今度の日曜日のB型肝炎講演会(新聞社主催)は、女優の石川ひとみさんが特別講演されることもあって、予約は早く埋まり参加証の配布は抽選になりました。外れたかたからのご相談も寄せられました。
 「有名人をよばず、ドクターだけにしたら、本当に困っている患者が、みんな参加できるようになったのではないか」と主張されていました。

 本当にそうなのかもしれません。今回のメインの講演は、大阪医療センターの三田先生。いつもは、肝硬変の治療などについて講演を分担されていました。今回、どんなメッセージを発せられるのか?


■ 独居の肝がん患者さんからもお電話をいただきました。電話をかけられるうちにお礼のことばを伝えたくてと、お話を始められました。
 今年の初めに「肝がん」だと宣告され、在宅で療養し、近くのクリニックのドクターと看護師が訪問診療
でよくしてくれている、食事は、知人がお世話をしてくれ、介護サービスも受けておられるそうです。 
 独居のお年寄りの在宅療養の様子もお聞きできたお電話でした。他県の方でしたが、患者会からも一度お見舞いにと思ったお電話でした。

■JR明石駅前で開業されている奥野忠雄先生から、「<改訂新版>知っておきたい肝臓病の知識Q&A」(ライフサイエンス出版、定価 1,575円(本体1,500円+税5%))。
 B、C型肝炎、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変、脂肪肝炎などについて115のQ&A形式と10のコラム形式で、1項目1頁にまとめカラーの図表も多用され、わかりやすい療養参考書になっています。

 講演会では、すぐに忘れてしまう内容も、このような書籍にまとめられると、良いですね。
 進藤道子先生との共著です。(写真)

■ 夜は、地元の社会保障協議会の総会
 ・市民病院の労組からは市民病院の財政と診療機能
 ・大阪府職員労働組合保健所分会からは、保健所と新型インフルエンザ
 ・地域団体からは、12日に開催される「駅前何でも相談会」
 記念講演として、「和泉市の国民健康保険、介護保険、生活保護、母子医療、乳幼児医療など医療福祉の問題点」について、しに対する調査の結果が報告されました。
 8月17日には、社保協と和泉市担当課との懇談がもたれます。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

患者支援・情報提供 | 23:23:01 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。