■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
薬害肝炎訴訟原告団の勉強会
 11日午後、守口で薬害肝炎大阪訴訟の総会が行われ、その前に「C型肝炎 肝がん発がん回避と肝硬変のコントロール」をテーマとした原告弁護団の勉強会が行われました。
 講師の先生をご紹介した都合上、勉強会部分だけ同席させていただきました。

 会場がいっぱいの参加者で100人以上の方が講師の先生のお話を熱心に聞いておられました。

 講師の先生は、インターフェロン治療を受けるときの心構えで、患者がインターフェロンを打たれているという態度で臨むのではなく、インターフェロンでウイルスを排除するのだ」という患者側の主体的な態度も、副作用を克服する大事なことだ、と語っておられたことが印象的でした。
 また、今年からインターフェロン治療での副作用対策を研究テーマとする研究班の班長に就任し、3年計画で研究をまとめる仕事も始まっていることも紹介されました。


 休憩時間に、弁護団の恒久対策のとりまとめを行っておられるK弁護士さんから、7月17日に、「第6回肝機能障害の評価に関する検討会」が厚生労働省で開催されることを知らされました。

 帰宅してから、厚労省のサイトを見ても告知を見つけることができず、九州弁護団の古賀弁護士さんのブログで紹介されているのを見つけました。
 14日正午が締切です。患者会のメンバーが傍聴もできにくい、このような検討会であって良いのでしょうか。

 ------------------ 古賀弁護士さんのブログから引用
 第6回の肝機能障害の評価に関する検討会が来週開催されることになりました。
 懸案の肝硬変の障害認定に関する議論がメインテーマとなります。

 傍聴希望者は厚生労働省に申し込む必要があります。7月14日(火曜日)お昼までということです。
 申込み用紙

 日時:平成21年7月17日(金)10時~12時
 場所:厚生労働省17階 専用第21会議室
 議題:肝機能障害について

-------------------- 以上


  
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎訴訟 | 23:29:37 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009-07-12 日 11:22:12 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。