■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
がん診療連携拠点病院の調査結果
 がん対策基本法に基づく「がん診療連携拠点病院」が国によって定められています。大阪ではおおむね人口100万人ごとの医療圏(二次医療圏)ごとに1カ所が2007年に定められました。府下に11カ所あります。
 また、昨秋、府下5大学病院が追加指定され合計16カ所の「がん診療連携拠点病院」が指定されました。
 大阪府のがん診療連携拠点病院 11カ所のリスト

 厚労省による「がん診療連携拠点病院の緩和ケア及び相談支援センターに関する調査-調査結果報告書-」がまとめられ報告書が公開されました。


 連携拠点病院のがん患者相談支援センターについて、都道府県ごと拠点病院ごとの調査結果をひと目でわかるグラフで表示されています。
 大阪府については、42頁に、施設ごとの結果は、168~172頁に掲載されています。

 調査結果のまとめは、
 1.設備・院内体制
 2.人員
 3.広報活動
 4.対応サービス
 5.情報収集
 6.研修・教育

 大阪全体の平均は、すべて全国平均以下でしたが、そう低いものではありませんでした。
 施設ごとの結果は、相当ばらつきが出ています。

 肝がんだと告げられた方は、ぜひ一度相談支援センターを利用していただき、不安が解消できたかどうか、職員の対応はよかったかどうか、疑問は解決する手助けになったか??

■私が住む地域を担当する拠点病院の事業
 市民向け公開講座「がんの基礎知識」のご案内
 肝がんについては、
  第4回 2009年12月19日(土) 14:00~15:00 各論3「肝臓がん」
講師:梶村(消化器内科部長)
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

肝炎訴訟 | 23:37:15 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。