■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
急激な高齢化と人口減少にすぐに手を打て
ハーモニカ演奏奈良女子大学 中山准教授の講演  29日、日本難病疾病団体協議会主催の近畿ブロック学習・交流会に参加しました。大阪、京都、滋賀、奈良、和歌山の地域難病連から100人を超える患者家族が集まり30日まで1泊2日で学習や交流を行いました。
 奈良女子大学の都市計画を専攻されている中山准教授から、「医療福祉教育を大事にするまちづくりと日本型景気回復の方途」という難しいお話をわかりやすくお話ししていただきました。


 鉄とコンクリートを大量に消費する景気対策よりも、福祉や教育、医療の充実した都市づくりをというお話です。
 国の推計では、90年後には人口は4700万人くらいになってしまうそうです。30年後でも人口は激減し、高齢化が世界一のスピードですすんでいるそうです。
 少子高齢化と人口減に対応する予算の組み立てを今すぐしなければ、大変になると言うことを強調され、今の予算の無駄を省くことを今すぐすべきで、この選挙ではそういうことが問われていると訴えておられました。
JPA近畿ブロック交流会JPA近畿ブロック交流会 懇親会 夜は懇親会。大阪は23人の参加です。京都や兵庫の難病連の方からは、肝臓も内部障害に認定されるようになって、長い間がんばってきた甲斐があったねとよろこんでくださいました。肝炎の患者さんからそれぞれの難病連に問い合わせがあるようです。
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:48:55 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。