■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
民主党の責任 肝炎対策など 患者支援の期待は絶大
 総選挙で民主党は大勝しました。
 ながらく肝臓病患者会でお世話係をして、今年は歴史が塗り替えられる年になる?と期待しています。

 政権の陣容を固める準備が始まっているようです。
 14日頃、首班を決める特別国会。
 10月には臨時国会が始まります。
 民主党のマニフェストの実現に向けて、私たち患者家族もがんばらなければなりません。

 民主党の政権政策 マニフェスト



23.新型インフルエンザ等への万全の対応、がん・肝炎対策の拡充
 【政策目的】
  ○新型インフルエンザによる被害を最小限にとどめる。
  ○がん、肝炎など特に患者の負担が重い疾病等について、支援策を拡充する。
 【具体策】
  ○新型インフルエンザに関し、危機管理情報共有体制を再構築する。ガイドライン・関連法制を全面的に見直すとともに、診療・相談・治療体制の拡充を図る。ワクチン接種体制を整備する。
  ○乳がんや子宮頸がんの予防・検診を受けやすい体制の整備などにより、がん検診受診率を引き上げる。子宮頸がんに関するワクチンの任意接種を促進する。化学療法専門医・放射線治療専門医・病理医などを養成する。
  ○高額療養費制度に関し、治療が長期にわたる患者の負担軽減を図る。
  ○肝炎患者が受けるインターフェロン治療の自己負担額の上限を月額1万円にする。治療のために休業・休職する患者の生活の安定や、インターフェロン以外の治療に対する支援に取り組む。
 【所要額】 3000 億円程度

 ※医療政策詳細版

■日本肝臓病患者団体協議会は、来年度予算編成に向けて、「肝炎総合対策に関する要望書」を7月17日厚労省大臣官房に提出しました。
 10月15日には、厚労省関係各課と折衝を厚労省内で行う予定です。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 23:15:03 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
ほんとうに
基本法に向けて、骨抜きにならない法案になって欲しいですよね。B型・C型肝炎感染は国の責任であることを明記しない限りきちんとした対策がとられない可能性があること、これが抜けては他の病気と違いがないと逃げ口実になること、私も何度も経験してきました。是非そこは死守したいですね。
2009-09-01 火 11:17:31 | URL | Kawanishi [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。