■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
まだまだがんばらねば 10/24全国一斉街頭宣伝
五箇の荘の風景
 薬害肝炎訴訟全国原告団長の山口さんからメールが届きました。


10.24全国一斉街頭宣伝(全国キャンペーン) 活動支援のお願い
  2009年9月25日
    薬害肝炎全国原告団 代表 山口 美智子

 国会が事実上閉会となった直後の[これまでの活動支援のお礼と更なるお願い]文書(7月21日付)を皆さまに書きましたのが、2ヶ月前のことでした。
 『~ しかし、21日の衆院解散で肝炎法案が廃案になったからといって、これで絶望視し引き下がるわけにはいきません。それは、命の時間は刻々と費やされ、待ったなしの状況にある患者が多くいるからです。また、余命を宣告されても、仲間のために法律が制定するのを見届けるまではと、頑張る患者がいるからです。
 私たちは、3団体で、引き続き、全国キャンペーンを展開し、街頭宣伝や署名活動をします。そして、選挙後直ちに、次期国会や政府に肝炎法案成立を訴えます。』と書いた通り、9月15日に、緊急院内集会(「肝炎患者支援法」の早期実現を求めて!)を開きました。全国から3団体の患者等が衆議院議員会館に集結し、各団体から臨時国会での肝炎法案成立を求めるアピールを行いました。また、21名の参加議員よりメッセージをもらいました。
 しかし、「この臨時国会で成立させるための壁は薄くない」「もう一息、患者や原告の皆さんも全党派に要望していただきたい。」という選挙前よりトーンダウンした答弁でした。
 私たちは、まだまだ奮闘しなければなりません。全党一致で、肝炎患者支援法の1日も早い成立、医療体制の整備、肝炎患者の生活支援等の諸問題に真摯に取り組んでいただくように、強く要請しなければなりません。
 そこで、10月24日(土)同日に、全国一斉街頭宣伝活動を実施します。
 今回の全国キャンペーン活動に、皆さまの強力なご支援をよろしくお願いいたします。



 25日、友の会事務所に国会請願署名用紙が届けられました。
 高槻の会員さんからです。紹介議員欄に地元選出の衆議院議員 松波健太(修正:松浪健太)氏の押印がされていました。
 10月1日に発送する「友の会だより131号」には、「肝炎対策基本法制定を求める国会請願署名」にご協力を訴える記事も掲載し、全会員に呼びかけるところでしたが、総選挙後にさっそく議員事務所を訪問され、協力を要請された会員がおられるのです。心強い限りです。

 皆さんもご協力をお願いします。
 署名用紙は、こちらからダウンロードできます。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎訴訟 | 05:12:31 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-09-28 月 05:54:48 | | [編集]
Re: 松浪健太
 ブログにコメントをいただきました。ありがとうございました。
 署名を集めた患者さんは、薬害肝炎訴訟について松浪議員が過去にどのような発言をされたかご存じないだろうと思います。

 でも、C型肝炎やB型肝炎患者のそのほとんどは、訴訟の対象になりませんし、訴訟のことに関心を持っていない方もおられます。
 患者会では、患者さんが集められた署名や働きかけた議員によって、その署名を取捨選択することはまずありません。

 
2009-09-28 月 16:39:23 | URL | sin [編集]
命の軽視
肝炎患者さんへの救済は、政権担当が替わっても全ての国民、国会議員の方々へ過去の医療行政の過ちを理解してもらい、推し進めてもらいたいと思います。
ただ「この方」の過去のマスコミでの薬害感染者への発言も含め、命を軽視すような軽はずみな発言の中身の無さに苛立ちを禁じえません。
署名用紙に紹介議員の押印がされてるとの事ですが、常識外というより想定外です。どのような経緯なのかよくわかりませんが。
2009-09-29 火 18:19:23 | URL | カワカミ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-09-30 水 04:20:08 | | [編集]
Re: 患者会の役割は会員さんの努力を無にしない取り組み方
>  議員さんの発言の件でコメントをいただきました。同感する部分もありますが、テレビでの発言以外にも、本業のお仕事の中でも肝炎患者の療養に鞭を打つ議員はおられます。
>  私は、地元の国会議員さんの事務所に足を運ばれお願いされた高齢の女性の患者さんの努力を生かすような働きかけを国会にこれからしていきたいと思います。
>
>  未来の厚生大臣の野党(その当時)の有名な議員さんは、「肝炎対策基本法制定に関する請願」署名用紙さえ受け取ってくれずもちろん紹介議員にもなってくれない方もおられました。
>  これからの議員さんの働きに注目していきたいと思います。
2009-09-30 水 04:38:09 | URL | sin [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。