■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
堺 地域連携パスとC型肝炎治験「アリニア」
会場で配布されたQ&A解説集  4日午後、堺市民会館で、府立急性期・総合医療センター、国立病院機構大阪南医療センター、大阪労災病院、国立病院機構南和歌山医療センターの4つのがん診療連携拠点病院の消化器内科医合同の講演会が行われました。主催は南大阪インターフェロン研究会。
 肝炎と肝がんがテーマです。
 
 また、大阪狭山市では,肝がんをテーマに、治療手段の紹介を外科、内科、放射線科、化学療法で、5人の先生がお話になられました。
 
 両会場で大阪肝臓友の会のリーフレットを配布するために、役員が分担して会場で大阪肝臓友の会のリーフレットを持参し、受付で配布していただくようにお願いしました。



 私は、堺市民会館で行われた講演会に参加しました。
 友の会のリーフレットは、資料とともに入口で来場者に配布していただきました。

 参加者も多くほぼ満席状態でした。また、新型インフルエンザ対策で希望者にはマスクも配布されました。

 肝臓病食のお話から、B型肝炎(吉原先生)、C型肝炎(春名先生)、がん連携診療拠点病院と肝がん(肘岡先生)まで盛りだくさんなお話がありました。

 ・堺でインターフェロン治療の「地域連携パス」を作成し、診療手帳を患者さんに渡し、診療情報を手帳に書き込んで病診連携をされていること
 ・C型肝炎治療薬「VX950」「アリニア」の治験
 ・B型肝炎治療へのペグインターフェロン治験
 ・大阪南医療センターでの肝がん治療と患者さんの予後
など、興味深いお話がたくさんありました。

 この講演会は、南大阪インターフェロン研究会が主催して行われ、毎回会場では、前回の質問を冊子にまとめ回答も掲載されています。この日配布されたQ&A集の冒頭には、私が前回質問した内容が掲載されていてびっくりしました。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

肝炎対策(行政) | 23:51:14 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
 10/4 講演会の会場で配布された友の会のリーフをご覧になった2人の方から入会希望のお電話がありました。
2009-10-06 火 09:06:08 | URL | sin [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad