■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
10日国会請願行動、基本法に盛り込まれるべき項目
 10月31日~11月1日に、第19回全国交流のつどい・代表者会議を開催いたしました。
 代表者会議では、肝炎対策基本法に盛り込まれるべき内容についても議論しました。そこでの私たちの願いは、肝炎対策基本法について、国の責任を明文化した上で、医療費助成はもちろんのこと、ウイルス肝炎の診療体制やウイルス検査の拡充など自治体の役割なども明確にした、肝炎患者・感染者に対する総合的な支援策を盛り込んだものにしなければならないとの結論に達しました。
 そこで、第171回通常国会の解散で審議未了となった「肝炎対策基本法の制定に関する請願」を現在開会されている臨時国会に、下記の通り再度請願することとしました。
                記
1.国会請願行動日時  2009年11月10日(火) 12時30分~16時

2.院内集会の会場   衆議院第2議員会館 第1会議室

3.院内集会の時刻   同日 12時30分~

4.行動の主催団体   日本肝臓病患者団体協議会 
      共催団体   薬害肝炎全国原告団(予定)、B型肝炎訴訟原告団(予定)
  
5.記者会見      同日、16時から厚生労働省記者クラブで会見を予定



■ 肝炎対策基本法案に盛り込まれる事項

①薬害、注射筒・針の使い回しの放置などで肝炎ウイルスの感染・蔓延させた国の責任

②肝炎・肝硬変・肝がん患者の検査と治療などの医療費と療養支援(医療費助成等)

③治療体制の確保と最新技術が全国あまねく行き渡る制度確立

④肝炎・肝硬変・肝がんの診断治療の専門医の養成と配置

⑤自治体の役割を明確にし、それに伴う予算措置を行う

⑥医療機関委託なで無料ウイルス検査の機会を増やし、キャリアの治療誘導を行う

⑦全国肝炎対策協議会を設置し、患者も加え、肝炎対策を検証し、肝炎対策の向上させるための会議を適切な時期に必ず開催する

以上

■日本肝臓病患者団体協議会 第19回全国交流のつどい・代表者会議

2009年名古屋アピール

 「おみゃあ様、しっかり生きるんだぜえも」。国より先行して「政権交代」した名古屋市のホームページを見ていると、私たちを元気づけてくれるような言葉がありました。
 日本肝臓病患者団体協議会(日肝協)の「第19回全国交流のつどい・代表者会議」は、その名古屋市に、全国から38団体100名余の肝臓病患者が集まって開催しました。
 今年は、大きな変化の起きた激動の年でした。年初には、アメリカでオバマ大統領が誕生し、共和党から民主党政権へのチェンジが実現しました。
 そして日本でも総選挙の結果、長年続いてきた自民、公明の連立政権から、民主党を中心とする「民社国」政権へ、政権交代が起きました。そうした中で「すべての肝炎患者の救済」などを掲げた薬害肝炎原告の当選もありました。「治りたい、治したい」という肝炎患者の思いが、さまざまな地殻変動を起こす原動力になりつつあります。
 ここ数年の肝臓病の治療・研究の進歩は目を見張るものがあります。C型肝炎治療については、ペグインターフェロンとリバビリンの併用療法で、これまで難しいといわれた人でさえも治癒したり、改善効果がみられたりするようになりました。インターフェロンの少量長期投与など、さまざまな工夫で「治る病気」になってきました。B型でも次々と新薬が開発されつつあります。
 しかし、問題はこうした進歩が、患者の大半を占める高齢患者に間に合うのかということです。また、世界的な金融危機による景気の後退は、相次ぐ企業のリストラなどの形で肝炎患者の暮らしを直撃しています。経済的な困難で治療を受けられないといったことがあってはなりません。肝炎患者に対する支援策を求めた27万人にも及ぶ国会請願署名は、その危機感を物語っています。国は今こそ、肝硬変や肝がんに進まないような予防的治療はもちろん、ウイルス性肝炎治療すべてについて、医療費負担を軽減する患者支援策に全力をあげるべきです。
 私たちは、昭和30年代に急激に広がった肝炎感染が、集団予防接種や輸血、血液製剤の投与などの医療行為によって起こされたことを忘れてはなりません。国が早くから十分な感染防止対策を取っていれば、これほど広がることはなかったのです。
 民主党を中心とする新政権は、マニフェストにもあるように、肝炎の感染拡大について国の責任を認める立場のはずです。問題はそれをできるだけ早く、肝炎患者のために本当に役立てる「基本法」として実らせていくことです。
 私たちの切実な願いの実現はいよいよ正念場を迎えようとしています。全国の肝炎患者・家族と連携し、わたしたちの願い実現めざし、大きな一歩を踏み出しましょう。きょうの催しを成功に導いた名古屋の皆さんありがとう。「すばらしい愛をもう一度」。みんなで力を合わせ、肝炎患者の療養環境を改善させ、来年の開催地神奈川に運びましょう。
  2009年11月1日
日本肝臓病患者団体協議会     
第19回全国交流のつどい・代表者会議
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

患者会 | 23:48:44 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。