■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
5年半で14回入院
安治川トンネル入り口と阪神難波線 3日、世間はお休みですが、友の会事務所で事務処理。
 1日までは、日肝協の名古屋大会のイベントで地元の会のことがおざなりになっていました。
 2日からは、大阪の会の事務所当番などをこなしながら、名古屋大会の後始末と、国会請願行動の準備なども行いながら、たまっている地元の会の事務処理などこなさなければなりません。

FNN 09/11/03 放映「時代のカルテ」 火曜日の休日の午後、木枯らし1号が浪速のまちもビル風をともなって吹きすさびました。
 夕方、会員Aさんのおくさまから電話をいただきました。
 だんなが10月16日に他界されたこと。
 5年6ヶ月の闘病の間、14回治療で入退院を繰り返されたこと。
 その間、会報「友の会だより」が、2人の支えになったことなどのお話をされました。

 その間の看護と経済的、精神的負担が大変だったろうと想像しながらお悔やみの言葉を述べました。

 夜には、関西テレビがFNNニュースで北海道の患者さんの壮絶な闘病の様子を放映し、「肝炎対策基本法」の必要性を訴えていました。
 「時代のカルテ 壮絶な闘病生活を送ったある肝炎患者と家族に密着しました。」


 全国で1年間に死因が「肝がん・肝不全」を記され統計処理されたものだけで、4万5千人がなくなっています。肝臓病死でも死因が「肝がん」「肝不全」「・・・肝炎」などではなく「心不全」「「呼吸不全」だと、統計処理上は、肝臓病死では数が現れてきません。
 もっと多い方が肝臓病でなくなっているはずです。
 政府は、はやく肝臓病患者にあつい支援の手をさしのべてほしいものです。
 大阪の会員さんの中にもAさんのような方はたくさんいます。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:01:07 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
ほんとうに
本当に早く広く多くの人が救われるよう、治療検査をふくめ認めていくような内容のしっかりした法案ができて欲しいですよね。辛い思いをしていく人たちが1人でも多く減って欲しいです。
2009-11-07 土 06:11:42 | URL | Kawanishi [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。