■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
350万肝炎患者支援のための法律を
 毎日新聞(ネット版)が、自民公明党の肝炎対策法案を紹介しています。気になる部分を一部抜粋して紹介します。

 肝炎対策基本法:自公の提出案まとまる 国の責任も明記

 民主党の肝炎対策法案が来年4月施行を検討しているのに対し、施行期日を来年1月として患者団体に配慮した。民主党案にない肝硬変や肝臓がん対策についても、薬品治験の迅速化などを盛り込んだ。血液製剤や予防接種による感染について旧与党法案にはなかった国の責任も明記した。
 -------------------------転載終わり

 「民主党案にない肝硬変や肝臓がん対策についても、薬品治験の迅速化などを盛り込んだ」
 これでは、肝硬変や肝がん患者に対して医療費支援はどうなるのかわかりません。





 日本肝臓病患者団体協議会では、11月4日に衆議院、5日には参議院の厚生労働委員やこれまで肝炎対策法案でご尽力いただいた議員の方々を回り、お願いの文書を届け、懇談も行ってきました。
 その内容は、以下の通りです。

 「肝炎対策基本法制定に関する請願」行動と    
  法案に盛り込んでいただきたい事項について(お願い)


 (略)私たちは全国74の患者団体で構成する肝臓病患者団体の協議体です。10月31日~11月1日に、第19回全国交流のつどい・代表者会議を開催いたしました。
 代表者会議では、肝炎対策法案に盛り込まれるべき内容についても議論しました。そこでの私たちの願いは、肝炎対策基本法について、国の責任を明文化した上で、医療費助成はもちろんのこと、ウイルス肝炎の診療体制やウイルス検査の拡充など自治体の役割なども明確にした、肝炎患者・感染者に対する総合的な支援策を盛り込んだものにしなければならないとの結論に達しました。
 つきましては、下記の通り「肝炎対策基本法制定に関する請願」を議員の方々に院への紹介の労をとっていただくお願いための集会を開催します。激励のご挨拶にお越しいただくこと、法制定に当たってのご協議の段階では、次頁の内容を法案に盛り込んでいただくことをお願いいたします。(略)

1.(略)

2.肝炎対策法案に盛り込んでいただきたい事項

①薬害、注射筒・針の使い回しの放置などで肝炎ウイルスの感染・蔓延させた国の責任

②肝炎・肝硬変・肝がん患者の検査と治療などの医療費と療養支援(医療費助成等)

③治療体制の確保と最新技術が全国あまねく行き渡る制度確立

④肝炎・肝硬変・肝がんの診断治療の専門医の養成と配置

⑤自治体の役割を明確にし、それに伴う予算措置を行う

⑥医療機関委託なで無料ウイルス検査の機会を増やし、キャリアの治療誘導を行う

⑦全国肝炎対策協議会を設置し、患者も加え、肝炎対策を検証し、肝炎対策の向上させるための方策を検討する会議を適切な時期に必ず開催する
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 11:02:03 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
思うこと
肝炎に関する救済案が今国会で成立の可能性というので、その中身が詳しく知りたくて、よく分からないまま、ここに辿り着いてしまいました。私はC型肝炎で、現在慢性肝炎です。48歳です。5歳の時、交通事故で輸血を受けていますし、学校での予防接種は回し打ちでしたから、最初に診断した医者も、感染原因の特定は無理ですと言われました。ウルソという薬を飲んでます。他に治療はしていませんし、する予定もありません。あなた方の活動に違和感を感じてしまいます。まず、国の責任について。肝炎ウィルスの存在が医学的に明らかになる以前について、なんの責任があるのでしょうか?そんなことにこだわる必要も余裕もないと思います。私が治療をしない理由は、副作用により仕事が出来なることのリスク。トラックドライバーの私は、経済的な理由もあり、仕事を休めません。ご存じのように慢性肝炎は生命保険、医療保険に入れません。私がしてもらいたいことは、肝炎用の保険を国の責任で作っていただきたいことです。普通の人と同じように保険に入りたい。民間では無理でしょうから、国で作ってほしい。ちゃんと掛け金も払います。まったく民間と同程度の生命保険、医療保険を創設してもらいたい。患者には一切責任のない病気にかかってしまった国民が、普通の人たちと同じ権利を保障してもらいたい。責任を明確にとか、謝れとか、薬害とは違うんだから、もっと現実的な話をしてもらいたいです。私は、医者に行けば、通院手当が出て、入院すれば入院手当がもらえて、もちろん掛け金に応じてね。それで死んだ時には、死亡保険金が家族に残せれば。それ以外は望んでいません。治療費を補助してもらったって、それっきりでしょ。くだらない権利の主張のオンパレードより私の意見の方が、国もお金が出しやすいんじゃありませんか?薬害と肝炎は別にしましょうよ。
2009-11-06 金 20:29:43 | URL | おさむ [編集]
ほんとうですね
おさむさん

>医者に行けば、通院手当が出て、入院すれば入院手当がもらえて、もちろん掛け金に応じてね。それで死んだ時には、死亡保険金が家族に残せれば。それ以外は望んでいません。

 そうですね。そうなればと私も願っています。
2009-12-04 金 13:59:37 | URL | sin [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad