■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
国会請願行動 民主党要請を受けない議員
11/10国会請願行動 衆議院第一議員会館11/10国会請願行動 衆議院第一議員会館 11/10国会請願行動 衆議院第一議員会館11/10国会請願行動 衆議院第一議員会館 大村議員(自)ご挨拶11/10国会請願行動 衆議院第一議員会館 主催・共催団体からの挨拶 10日、日本肝臓病患者団体協議会は、薬害肝炎原告団・B型肝炎訴訟原告団とともに「肝炎対策基本制定に関する請願」の議員に「院への紹介の労」を執っていただく要請行動を行いました。
 全国から寄せられた書名は、88655筆でした。ご協力ありがとうございました。

 集会には、北海道から九州まで全国各地から患者や家族、支援者が集まり、院内集会を午後行い、民主、社民、自民、公明、共産党各党から議員の方々が激励に駆けつけてくださいました。
 議員の方々からは、今臨時国会で肝炎対策法を成立させることはどなたからも共通して発言されました。また厚生労働委員会で審議を行い、法律の内容を患者の支援に役立つものに前進させるべきだとご挨拶された議員もおられました。

報道 「日肝協、法制定に向け国会請願」 キャリアブレイ 



 集会後、分担して衆参両院の厚生労働委員会所属の各党の議員の方々を中心に80人あまりの議員を訪問し、「院への紹介の労」を執っていただくよう要請行動を行いました。

 今回の要請行動で驚いたことは、民主党の議員の方々のお部屋では、署名用紙を預かっていただけないところがいくつか出てきたことです。対応された秘書さんは理由を説明されませんでした。
 民主党のホームページには、次の記述があります。

 民主党HP 2009/11/02
  http://www.dpj.or.jp/news/?num=17206
陳情・行事案内対応の流れについても解説した。

 高嶋参院幹事長は、今週中に都道府県連と党所属国会議員に通知すると説明。陳情については、予算要求的な部分に係るものを中心に考えていると述べ、閣僚であってもどういう立場であっても幹事長室を通じて行うよう指示する考えを示した。


 16時以降の行動
 ①記者会見(日肝協・薬害肝炎弁護団) <私はここに参加>
 ②首相官邸で鳩山首相と面談(薬害肝炎原告団、B型肝炎訴訟原告団、日肝協)
 ③自公議員団との面談(薬害肝炎原告団、B型肝炎訴訟原告団、日肝協)

■日肝協が院内集会や記者会見で配布した声明
                              2009年11月10日
肝炎対策基本法案について(声明)

                     日本肝臓病患者団体協議会   
                         代表幹事 中島 小波
                           同   山本 宗男

 私たち全国の肝臓病患者会74団体で構成する日本肝臓病患者団体は、今臨時国会に提出される与野党の「肝炎対策基本法」案を広く国民に公開されることを求めます。
 350万人とも推計されるB・C型肝炎患者・感染者の療養を支援することを目的とする法案について、国会で厚生労働常任委員長名で提案されると報道されています。
 私たちは、171通常国会に「肝炎対策基本法制定に関する請願」を衆参両院議長に採択を求めました。しかし、国会解散によって審議未了となりました。そして、再度、今臨時国会に同様の請願を提出すべく取り組んでまいりました。
 私たちが求める肝炎対策法案は、次のことが盛り込まれるように切望しています。
1.B型肝炎及びC型肝炎は、ウイルスへの感染について、薬害肝炎と針や筒を換えない集団予防接種の注射行為など国の責に帰すべき事由によりもたらされ、不特定多数の者に感染被害を出し、その方々に甚大な被害を生じさせ、またその被害の拡大を防止し得なかったことについて国が責任を認めること。
2.肝炎・肝硬変・肝がん患者の検査と治療の医療費支援と生活支援。
3.ウイルス検診未受診者の実態を把握し、肝炎ウイルス検診につなげる対策を講じる。
4.ウイルス陽性者の未治療の実態を把握し、適切な治療につなげる対策を講じる。
5.肝炎・肝硬変・肝がんの診断治療の専門医の養成と配置など治療体制の確保と最新技術が全国あまねく行きわたる制度を確立すること。
以上のことを、肝炎対策基本法制定の準備作業をされるにあたり、政府と各政党の皆様に要望いたします。
 法案をすみやかに国民に公開し、今臨時国会で成立して、350万肝炎患者の支援策が一日も早く施行されることを強く求めます。
以上

 

 
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

患者会 | 23:13:52 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。