■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
慢性肝炎の医療費助成の拡充から 肝炎治療戦略会議 
厚労省 肝炎治療戦略会議 11日も東京にとどまり、厚生労働省 肝炎治療戦略会議を傍聴しました。
 報告
▼ 出席委員 林紀夫氏(座長、大阪大学大学院医学研究科教授)、熊田博光氏(虎の門病院分院長)、脇田隆宇氏(国立感染症研究所部長)、飯沼雅朗氏(日本医師会常任理事)、泉並木氏(武蔵野赤十字病院副院長)、岡上武氏(済生会吹田病院院長)
▼ 山井政務官の挨拶 、山井政務官から挨拶 IFN治療費助成については、年間10万人を目標としたが、実績は4万6000人だった。
 目標と達成できず、予算60億円をあまらせ、国庫にお返しした。これは、国会議員、厚生労働省の責任だ。現在は、肝炎対策費は事項要求となっており、金額が入っていない。藤井大臣は「事項要求のほとんどは通らないと思ってくれ」と厳しいことを言っているが、肝炎対策は、長妻大臣が総理に直訴したテーマ。大臣が総理に直訴するのは異例中の異例。きちんと予算を獲得していきたい。
 ▼熊田委員からプレゼン(虎ノ門病院のB・C型肝炎の治療の現状)


  B型慢性肝炎におけるインターフェロン治療法のまとめ
   1.35歳未満の若年奨励に効果が高い
   2.ゲノタイプAがもっとも効果が高く、ゲノタイプCの効果が悪い
   3.ALT値が高値でDNA量が低値に始めると治療効果が高い。
   4.6ヶ月以上の投与が望ましい。
  B型肝炎に対する拡散アナログ製剤(抗ウイルス剤)
   1.耐性ウイルスの出現(エンテカビルについては長期投与のデータが出ていない
   2.アデフォビルの副作用:腎障害について出現率は低いが、副作用出現の早期発見が肝要

  B型肝炎に対する拡散アナログ製剤は、インターフェロンとならび治療の2本柱

  C型慢性肝炎に対するインターフェロン治療
   1.1型高ウイルス量で初回ペグインターフェロン(+リバビリン)48週投与再燃例のペグインターフェロン+リバビリン72週再投与は有用
   2.2型高ウイルス量の初回ペグインターフェロン(+リバビリン)24週投与再燃例のペグインターフェロン+リバビリン48週投与は有用
   3.インターフェロン(+リバビリン)再燃例へのリバビリン併用72週投与やプロテアーゼ阻害剤(Telaprevir)の3者併用24週間投与は有用
   4.ペグインターフェロン+リバビリン併用療法で治療を中断した症例のインターフェロンβ+リバビリン併用療法有効な治療法である
   5.インターフェロン(+リバビリン)無効例に対するインターフェロン少量長期療法の発がん効果について
    3年以上の長期投与例では、3年未満の投与例に比し、発がん率が有意に低下した。
    米国でのインターフェロン少量長期療法の効果否定論文について
      データ集積対象年齢が、日本の患者に比して若い年齢
      もともと欧米では発がん率が低い
      観察期間が短い
 ▼検討事項
  1.B型慢性肝疾患に対する拡散アナログ製剤治療の有効性、安全性
    検討が必要なこと:治療対象患者を明確にする、アデフォビルの腎障害対策、エンテカビルの長期投与の耐性ウイルスの出現データがないことに対する対応、保険適用になっていない抗ウイルス剤の導入
  2.C型慢性肝疾患に対するインターフェロン治療の複数回治療
    検討が必要なこと:再治療法についての選択法、再治療対象患者は?
  3.C型慢性肝疾患に対するインターフェロン少量長期投与の有効性、安全性
    検討事項:対象患者は? 治療効果の判別と中止の判断は?

 ▼次回会議で「報告書」がまとめられ、医療費助成拡充のための資料とされます。
  その会議は、11/18(水)10:00~12:00の予定。後日、厚労省の
  ホームページに案内が出ます。ご確認、関東近県の方は傍聴を!

肝炎対策室訪問(09/11/11)
 「肝炎治療戦略会議」終了後、厚労省肝炎対策推進室を訪問、伯野春彦肝炎対策推進室長と面談しました。室長さんが、9月に正林さんから浜野さんにバトンタッチされ、新しく就任された浜野室長さんへのご挨拶が目的でした。浜野室長は、広島県に出向され肝炎対策に取り組まれ、その後「国立がんセンター」、そして肝炎対策推進室長に就任というご経歴でした。
 肝炎対策基本法案(以前の自公案)には、「肝炎対策協議会」の設置が記されていましたので、今国会で肝炎対策法が制定し、同様の自公が盛り込まれていれば、是非早急に協議会を開催してほしいとお願いしました。

肝炎対策法案 日肝協の行動から
 日肝協の声明に基づき、10/10、11日と議員の方々に国の責任部分(案では、C型肝炎では薬害肝炎の被害、B型肝炎では最高裁判決が国の責任を認めたとの表記<新聞報道から>)
 国の責任について表記法の改善を求める働きかけを、10日以降連日、渉外担当の常任幹事行ってきました。12日も関東圏の常任幹事で引き続き議員さんへのアタックを行います。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 23:19:54 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
いつも重要事項ご報告本当にありがとうございます。
原告以外の99%にも光があたりますように。だから国の責任の
表記法についてははずせない重要ポイントです。最後の最後まで
粘ってくださっていることを知って本当にうれしく拝みたいような
気持ちです。
普通の患者たちは常任幹事さんがたがどのくらいの大変なことを
担ってくださっているのかそのご苦労を知ることができません。
何も知らずに申し訳ないです。
何もできない普通の患者たちのためにありがとうございます。
2009-11-12 木 11:00:06 | URL | C型患者 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad