■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
B型への抗ウイルス剤から 肝炎治療戦略会議
 18日午前、厚労省で第2回肝炎治療戦略会議が開催され傍聴しました。日肝協からは、代表幹事、関東圏の常任幹事と3人。
 この日の会議の目的は、報告書「ウイルス性慢性肝疾患に対する拡散アナログ製剤・インターフェロン製剤等の有効性・安全性について(案)」の協議です。
 また、座長(林紀夫氏)に加え座長代理(熊田博光氏)を置くことが認められました。

 「とりまとめ」は、
(1)B型慢性肝疾患に対する核酸アナログ製剤治療について
 ○ B型慢性肝疾患患者に対して、核酸アナログ製剤を投与することは、有効性・安全性の観点から、きわめて効果的である。このために、医学的適応となるB型慢性肝疾患に対して、核酸アナログ製剤を投与することは政策的にも有効であると考えられる。

 ※「医学的的適応」について説明が必要という委員からの意見があり、そのことを追加することになりました。

 ○投与中のウイルス量、肝機能値を慎重にモニタリングし、耐性ウイルスの発言を早期に察知する必要がある。また、クレアチニン値を慎重にモニタリングし、アデフォビル投与による腎機能障害の早期発見に努める必要がある。<この項概要紹介>

 ○安全性の観点から、患者が自己の判断で投与を中止しないように十分に指導した上で投与すること、また、B型慢性肝疾患の治療に十分な知識と経験を持つ医師の下で使用することが必要である。

(2)C型慢性肝疾患に対するインターフェロンの複数回投与について
 ○初回治療による結果が再燃(36週までにウイルスが消失し、その後再燃した者)の場合、また、初回治療の内容がインターフェロン単独であった場合には、有効性・安全性の観点から、再治療による高価は充分期待できる。
 また、初回治療による結果・初回治療の内容によって、再治療を推進することは政策的にも有効であると考えられる。
 ○(略)

(3)C型慢性肝疾患に対するインターフェロン少量長期投与について
 ○インターフェロン少量長期投与による有効性については(略)、一定の見解がが得られていない。
 ○(略)、今後対象患者の設定、投与期間やエンドポイントの設定など、更なるデータの集積が必要である。

※「報告書」のとりまとめについて、出された意見に基づいて座長と事務局で文言の挿入など、作業が任されました。

 この「報告書」は、今後の患者支援策に生かされることになる模様です。


もうまてない! ちらし■厚生労働委員会 傍聴
 午後からは、代表幹事、関東圏の常任幹事、私で衆院厚生労働委員会を傍聴しました。
 公明党古屋議員が、肝炎対策支援策に対する十分な予算を確保するように永妻大臣に要求しました。
 委員会終了後、「肝炎対策基本法案」について、はじめて各党代表者による意見交換が行われ、法案に盛り込まれる内容について検討されました。
 その内容が、共同通信オンラインニュースで紹介されています。

 「肝炎法案で新案判明 薬害以外への支援明示」

■院生から取材
 夕方からは、「がん対策基本法」制定の過程を研究されている大学院生から、「がん治療薬早期認可を求める会」代表だった三浦捷一氏を支えて活動したことや、今回の肝炎対策基本法への取り組み、患者会活動など2時間あまりにわたって取材を受けました。

 この日は、東京泊。明日の参議院厚労委員会の傍聴、「カルテのない薬害C型肝炎の全員救済を求める新潟の会」などが行う厚労省前の集会参加に備えます。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 23:55:24 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad