■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
診療所のはしご 泣きっ面に蜂
 7日、朝から消化器内科と内分泌内科の2箇所のクリニックを受診しました。
 消化器内科では、エコー検査、内分泌内科では、血糖のコントロールを目的です。
 どちらの先生方も、大阪市内の大きな総合病院で勤務後、開業された方々です。
 この日のメインは、血糖のコントロールの相談です。近くに超音波検査や胃カメラ検査を得意とするクリニックもあるので、昨年3月以来の肝臓の画像検査を受けることにしました。先週電話で予約を入れるとうまく同日に予約を取ることができました。

 まず9時に消化器内科、超音波検査士の技師さんは非常に丁寧に検査をしてくださる方で会員にも評判の方です。
 一番の診察、ドクターによる問診の後、検査室でA技師さんによる検査。しばらくすると10mm程度の影があるよと画面を見せてくれました。
 相当時間をかけて検査をしていただき、10分ほどたつとドクターからの説明。像は小さいので3か月後に再検査。その結果で対応を考えましょうとのこと。そうすることにしました。
 結果を次のクリニックの先生宛に診療情報提供書にしていただきました。


 10時20分予約の内分泌内科クリニック。ここでは相当時間がかかりました。
 まず、ドクターによる問診、近医の「紹介状」と先ほどのエコー検査結果で、今後の対処法について説明がありました。急いで取り組まなければならないことは血糖のコントロール。インスリンによる治療が勧められ同意。
 その後、管理栄養士による食事や日常生活の様子の聞き取り。そして診察。神経反射や血行状態、足の状態、甲状腺の腫れなどを診ていただき、即日からインスリンの治療、新年早々の教育入院の方針が示され、同意。居住地近くの総合病院の教育入院の手続きをしていただくことになりました。

 その後、糖尿病療養指導士による足のケアとインスリンの自己注射の説明、実習がありました。すべて終了したのは、12時50分。長時間で内容の濃い診察と説明。
 次回診察 12日(コントロール状態の確認と血糖自己検査法の説明、甲状腺機能の検査が予定されています)

 消化器内科クリニック 保険点数 1053点 自己負担 3160円
 内分泌内科 保険点数 1822点 自己負担額 5470円

■事務所当番 午後は事務所当番、診察に手間取り、30分の遅刻。お手伝いいただいているSさん、会員管理を担当するIさんがすでに事務所で作業をしていただいていました。
 相談の来客がきておられたのですが、待っていただくことになってしまいました。ウイルス排除後7年たってエコー検査で異常を伝えられたかたでした。
 検査の流れを説明し、エコーだけでは確定診断ではないこと、今後造影CTや血管造影検査などによって悪性であれば、その後の治療手段が検査などから選択され、ドクターから説明と相談があることを伝えました。
 私自身もエコー検査で異常を伝えられた身としては複雑な思いで相談の訴えを聞いていました。

■夜は、地元の中学校へ
 2月に行う子育て講演会の講師依頼。校長先生と講師宅を訪問。元小学校校長先生。市の連合町会長経験者。
 1時間ほど、打ち合わせ、地元の歴史や生活などのお話を織り交ぜながら「中学校区の伝承と人々の暮らし」をテーマにお話ししていただくことになりました。
 私たち夫婦も、長男出生後その病気と夫婦の身の振り方で大変お世話になった先生です。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

雑記 | 23:56:12 | Trackback(0) | Comments(6)
コメント
sinさん
SOLですか・・・
3ヶ月後の再検査まで長いですねえ。
ご無理なさらないでくださいね。
2009-12-08 火 15:45:06 | URL | OKすべてOK [編集]
あっという間です
OKすべてOKさん
 ご心配をおかけしています。お見舞いのコメントありがとうございます。 お正月が入りますからあっという間に3ヶ月は過ぎてしまいます。

 1,2月に造影CT検査を入れるという手もあります。
 当面は、血糖のコントロールに集中しようと思います。1月には教育入院が予定されると思われます。
 その入院時に、肝臓についても相談しようと思っています。
2009-12-08 火 17:58:15 | URL | sin [編集]
sinさん
そうですね。お正月・教育入院とあっという間かもですね。
治療に関しては私が口をはさむことではないと思い書かなかったのですが・・・・・・・
せっかく入院されるのですからsinさんもお書きのようにその際にCTなどのスクリーニングをされたほうが精神衛生上よいかと・・・・・私は思うのですが・・・・すいません・・・余計なおせっかいでした。
2009-12-09 水 06:54:29 | URL | OKすべてOK [編集]
肝がん治療医が????
OKすべてOK さん

 教育入院する病院にはりっぱなCT装置があるのですが、肝がん治療医(肝臓専門医、超音波医学会認定専門医など)がいません。消化器内科はありますが、そこの診療実績に肝がん治療がないのです。
 CT検査をしてもし肝がんだと診断を受けるとここでは治療ができそうにありません。

 大阪府南部は、糖尿病指導施設が少なく、私の居住する市(人口19万)でも、近隣市4市(人口48万)で2箇所しかありません。
 先日のクリニックで勧められた病院に入院できるかどうかも12日にならなければわかりません。

 以上のことから、CT検査施設も自分で適切なところを決めて予約を入れることになるのでしょう。
2009-12-09 水 09:20:45 | URL | sin [編集]
うんん・・・・・・
sinさん
地域間の医療体制の格差というのを私はこれまでニュースなどでは見聞きしておりましたが・・・・

私の認識が甘かったでした。
会の運営そして自分の体のこと・・・そして治療の段取りに至るで・・・・・
本当にご無理なさらないでくださいね。

私、sinさんのブログ好きなんで・・・・情報を正確にそして淡々と・・・どこか温もりがあって。

教育入院されたら現場レポートもお願いです!
2009-12-10 木 09:17:44 | URL | OKすべてOK [編集]
18日に
OKすべてOKさん
 「影」も心配です。年内に見通しを立てるべく造影CT検査の予約を入れました。18日朝一番の診察、検査、結果伝達、事後相談との流れになり、即日10時過ぎには検査結果がわかります。
2009-12-11 金 10:03:48 | URL | sin [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad