■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
肝炎対策基本法 勉強会 まず実態把握から
もう待てない! チラシ 変形版 11日、東京で薬害肝炎原告弁護団、B型肝炎訴訟原告弁護団、日本肝臓病患者団体協議会合同の勉強会が開催されました。参加された関東圏の役員さんから資料が届けられました。
 1.立法を求める運動から施策を実現する運動へ
 2.施策を実現する運動のために
  1)肝炎対策基本法の理解:何が盛り込まれ、なにが盛り込まれなかったのか
  2)運動の実例に学ぶ:がん対策基本法成立後、がん対策の一定の進展、患者は何を求めたのか
  3)運動の第1歩は:肝炎対策の実態把握を

の内容ですすめれたようです。

 勉強会での課題提起(レジメから)
 1)肝炎対策の今後は、これからの運動にかかっている
 2)患者の声を施策に反映させるための様々なルートを確保する必要がある
 3)実施主体である都道府県に対し、積極的に働きかけていく
 4)実現のためには、地域の患者の団結が必要である。
 5)医療関係者も巻き込んだ運動を
となっています。 


■ 12日、内分泌内科クリニック、2回目の診察。採血、診察、血糖自己測定の説明と練習、診察。7日からインスリン3単位と食事・運動療法に心がけた結果、血糖値は160まで下がっていました。
 自宅の近医(糖尿病指導施設)への紹介状をいただき、22日に予約を入れていただきました。
 26日に再度クリニック受診。血液検査、甲状腺機能、肝機能値の結果などで、今後の相談をします。

 血糖自己測定は、朝食前(空腹時)と夕食後2時間を測ることにしました。この日の夕食後2時間値は、183。
 自己管理目標は、当面、空腹時140、食後2時間値200を指示されました。

■午後、黒鳥山公園そばの坂口喜一郎墓前祭に連れあいと参加。懐かしい方々のお顔を拝見することができました。呉の海軍基地で反戦活動をした坂口さんをしのび、広島のゆかりの方々も多数参加され、墓前祭も盛大に行われました。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

患者会 | 23:21:12 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad