■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
扶養控除存続。肝炎対策で 厚労省、議員要請
12/14 JPA国会要請行動12/14 山井政務官に陳情(予算編成に関して) 

 14日、前日に引き続いて日本難病疾病団体協議会(JPA)の要請行動に参加しました。9時40分に衆議院台に議員会館で集合、厚労省折衝(Ⅰ、Ⅱ班)、扶養控除存続を求める要請行動(Ⅲ班)に分かれ、行動しました。日肝協から私を含め3人が参加。2人はⅡ班(肝炎問題を含む)、私はⅢ班で他の患者団体から参加した3人で参議院の7人の税調委員らの議員さんをまわりました。
 月曜日の午前で議員は地元から戻っていない方が多く、会館内は閑散としていて、対応も留守番の秘書さんでした。
 要望書を手渡し、扶養控除が廃止されると、福祉や医療の様々な制度の患者支援の部分の自己負担額のランクが上がり、低所得の患者・家族は困ることを、肝炎医療費助成制度の例を挙げて説明しました。


 13:30からは、JPAの記者会見。日肝協のメンバーも記者会見室に同行し、幹事社の方に日肝協の予算編成作業にあっての緊急要望書を手渡し、各社に配布していただく様にお願いしました。

 14時、山井政務官に面談することができるようになり、急遽政務官室へ。
 来年度予算編成について緊急要望書を提出し、その内容について政務官のコメントをうかがいました。
 政務官は、財務省の対応は厳しく、要望を実現できるようにがんばりたいとのことでした。
 B型肝炎訴訟についても早く解決するために、和解で解決する手立てを探ってほしいことも要望しました。

 その後、肝炎対策推進室も訪問。肝炎対策推進協議会の開催を急ぐことをお願いしました。

 JPA 扶養控除存続を求める要望書(12/13幹事会緊急決議)
 日肝協 来年度予算編成に関する緊急要望書

※柚木議員のブログに、肝炎対策で財務省と厚労省の折衝の様子が紹介されています。
  http://blog.livedoor.jp/yunokimi/archives/52507283.html



スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

患者会 | 23:34:22 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。